東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
今月のモーニング2(’14.10月)
2014年10月22日 (水) | 編集 |
月刊 モーニング two (ツー) 2014年 12/2号 [雑誌]月刊 モーニング two (ツー) 2014年 12/2号 [雑誌]
(2014/10/22)
不明

商品詳細を見る



ほんとは別なのを書きかけてたんですが、J1の日だということに気付いたんで、急遽変更。(笑)
試合日ってがくっとお客さん減るんですよね。
多少なりともリキの入ったものは、上げたくない。

"書きかけ"の方は、またすぐ明日にでも。


『プルーハイジ』

どうしてもイブニングの『たんさんすいぶ』の個性の強さに押されがちで(僕の中で(笑))、今回読んででも「えーっと、確かこの吹奏楽部は天才集団なんだよな」とか思っちゃったりしますが。(笑)
最近主人公がますます"女"感が強くなって来て、そういう意味でも少し個性が陰りがちですが。
"雰囲気"はある作品なんで、あんまりつまんない"種明かし"、バックグラウンドストーリーは勘弁だけどなあ。

『西遊妖猿伝』

てっきり古い霊を味方につけるのかと思ったんですが、蹴散らしちゃいました。(笑)
女アーチャーは多分人気が出たんで、続投気配なんですね(笑)。続射。

『聖おにいさん』

ゾンビものは確かに秀作も少なくないんですが、やっぱり汚らしいので嫌です。(笑)
好き好んでは見ません。

『蝉丸残日録』

わざわざ連載するの?これ。
読み切りで良くない?
ちゃんと死んで終わり。

『デビルズライン』

姫様ピンチ!!
ある意味古典的な構造なんですけど、それもいい。

『ねこのこはな』

ますます"面白い"率が下がってる。
別に好きじゃないけど、比べるとモーニングのガラス職人の犬の話(忘れた(笑))も、堅実だなという。

『シティライツ』

もう終わった作品のフォーマットをまた引っ張り出すって、どういう気持ちなんでしょうね。
"続編"でもないし、かといって"番外編"的内容でも特に無いし。
普通に面白かったです。昔通り。(笑)

『ブレイン・トラッカー』

せっかくの新連載ですが、6ページくらいで挫折。
SF漫画はヒット率低いな、俺。特に文体や絵に、変な美意識を感じるものは。
読み難い。
変わったことを描くのだから、むしろ描き方は普通でいいと思うんですけどね。
いちからじゅうまでこだわりではね。うるさい。

『先生の白い嘘』

うーん、変に人間関係が広がって来て、ノリづらくなっています。
もっと"先生"の独白的な感じに、絞った方が。
それが味だったはず。

『メタラブ』

でもこの"こだわり"SF(?)は面白いので、結局は力量かなと。(笑)

『大砲とスタンプ』

うーん、ハードボイルド。殺すかね。
にしては絵柄がなあ、やっぱり。
意外性にも限度があるというか。

『変ゼミ』

お、松隆泣いた。
さすがに何か、状況が動くか。

『バイトのコーメイくん』

貂蝉さんはポジティブデブスでも、「ウチな~」とか言わないだけマシだと思います。(酷)

『おしりマカロン』

おのれ四角い尻。(先月も言った気がする)
やはり尻は丸くないとね。(すっかりその気)


スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック