ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ等
今週のモーニング(’14.12.4)
2014年12月05日 (金) | 編集 |
mor141204


ツイッターでも紹介しましたが、『タイニイ・バブルス』及びサザンについては、こちらのブログがより客観的でいいのでお勧め。

「ブルースへようこそ」
http://ameblo.jp/for-ever-young/entry-11557616784.html


あと記事マクラに使った『snoozer』の「日本のロック・ポップアルバム究極の150枚」の号は、検索してみたら結構評判が良かったので、せっかくなので注文してみました。

snoozer (スヌーザー) 2007年 12月号 [雑誌]snoozer (スヌーザー) 2007年 12月号 [雑誌]
(2007/10/18)
不明

商品詳細を見る

届いたら一応内容("150枚")を紹介する予定です。



『グラゼニ』

葛藤をスカすパターンがちょっと多いですね。(笑)
今回の結果は可もなく不可もなく。

『ジャイキリ』

昔は代表選手が出るって結構大したことだったんだけど、ジーコの途中くらいからかな急に「単なる監督の好み(気まぐれ)」感が強くなっちゃいましたよね。今も盛り上がらないことは無いんでしょうけど、特に小さいクラブなら。

『カバチ』

適法なんだろうけどなんかさすがにでも、法律職のイメージダウンというか、どこかから文句出ないのかなみたいなそんな気もする今回の顛末。

『コンブレックスエイジ』

人気に従って連載が延びて、連載が延びたからまたネタを探してと、そんな感じで描いてる感じはします。(笑)

『ハルロック』

こちらもまじめに猫ったーが反響を呼んで、それで重点的にエピソードが作られているという、そういう気配。
しかし"いい女"だ。(しつこい笑)

『生き地獄』

悪くないですが、それだけではなかなか"時代劇漫画"のマイナー感は、拭えないですね。
"劇画"だとむしろ王道の一つなんですけど。
・・・『るろ剣』や『あずみ』みたいなのもあるわけだから、"時代劇だから"という理由付けは、多分正確ではないんだろうと思いますけどね。時代劇漫画にありがちな、ある種の描き方、ということか。

『レジ愛』

おばちゃんの若い男の子萌えは、無害なようで実はトラウマになってたりするので、お気を付け遊ばせ?
大人になっちゃうとそこまでではないけど(さすがに男の方は割りと平気)、ある年齢まではセクハラに男女の別が無いのはほんとの話。

『インベスターZ』

一面の真実は含まれてはいるんだろうけど、このご時世にこの"シバキ"エピソードはどうなんだろうというのはある。
『ドラゴン桜』とおんなじにしてはいけないという意味も含めて。
相手は一応大人なわけだし。

『サイレーン』

久々の"動くイノ"にわくわく。(笑)
やっぱりこうじゃないと。
・・・ていうかでも、この先更に何があるんだろう。よく分かんない事件だ。

『へうげもの』

豊徳合体が"バレてない"という状況が、ちょっと不自然な気が。
発想自体は、別に突飛ではないわけだし。


スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック