東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
U-22ミャンマー戦
2015年03月12日 (木) | 編集 |
なんか割りとタフにやってるなあという、印象。

国際親善試合 U-22日本 ○9-0● U-22ミャンマー (フクアリ)

主に監督が。(なぜか笑)


・少なくともアギーレ就任以降は、"親分"(手倉森監督談(笑))に合わせる形で主に4-3-3でやっていたこのチームですが。
・トップ代表空位期間の今回は、晴れてというか吹っ切ったように、"手倉森流"4-4-2でスタート。
・再三言うように基本監督には"得意"な形でやって欲しい派の僕としては、歓迎ではあるわけですが。
・ただ一方で、そんなに神経質になる必要もないのかなという感じも。このチーム、この監督の場合。
・"4-3-3"期間も、基本戦術にもその刷り込みにも、特にブレ・遅滞は無かったようですし。
・"4-3-3"自体もまあやってみるか的な、何か役に立つものが出て来ればそれでいいし、無ければ無いでみたいな割りと鷹揚な感じでやっていたのかなと。
・そういう感想の湧いて来る、この日の"4-4-2"手倉森ジャパンでした。
・仮にハリホリハラ...とにかく噂の新監督(笑)がどんな基本システムを採用しようと、合わせるところは合わせてでも最終的にはチームの実態をしっかり優先する、そういう腹は据わってる監督さんなのかなという。

・簡単に言うと、速攻志向ダイレクト志向の浸透は、選手のチョイス含めてかなり順調に行っているように見えるということですが。
・これだけ緩い相手関係でも、時に「迫力」を感じさせるくらいに。
・"迫力"というのはつまり、たまたま心がけで速くなってるとか相手が弱いからストレートに突破出来てるということ(だけ)ではなくて。
・ちゃんとそこに「線」が、太めの「ベクトル」が見えるということですけど。下意識レベルにも浸透した。
・そういう力強さ。
・特に中島翔哉に関しては、相思相愛というか、ついに活かしてくれる監督に会ったようだねという、そんな感想も。
・逆に"ヴェルディ・ユース"にいたことの方が、信じられない心持ちさえするんですが。(笑)
・まあいたんでしょうね。(笑)
・まあ相棒の前田も、上手いんだけど何か"欠落"したところのある選手だったし、当時のユースチームはそういう変わり種に上手くカスタマイズされたチームだったのかなと。
・"フッキ-ディエゴ"のヴェルディじゃないですが。(笑)
・ともかくまあ、そこらへんの整合性は感じるという。
・ただしあくまで戦術ありきの選手の特性という順番でしょうが、このチームの場合。
・幸福な一致というか。

・という感じで順調ではあるんですが、それはそれとしてやはり"得意の形"の得意たるゆえんは感じて。
"意図"とその"表現"との間の間髪入れない連絡性というか、反応の敏感性は今までよりも一つ上のレベルには感じました。
・別な言い方をすると、振り返ると多くの誤解にも包まれた(笑)アギーレの就任以来、日本のサッカーファンがイメージしていた「堅守速攻」サッカーに、今のところ最も近いものが披露された試合ではあったのかなという。
・"代表での仙台サッカー"というか。(笑)
・「堅守」かどうかは実際のところまだよく分からないですし、「堅守速攻」が必要な相手でもなかったわけですけど。
・それだけに、空回りせずに問答無用の結果を出せたのは、立派というか合格点と言ってもいいのではないかなと。
・このまま「アジア」と「世界」の、言うところの"ダブルスタンダード"をまとめてクリアしてくれれば、つまり「世界」仕様でアジアも違和感無く突破してくれれば、万々歳ではあるのかなという。
・そして勿論、その後で「世界」相手に「世界仕様」の威力を発揮してくれれば。(笑)
・そこまではまあ、今考えられるほどの参考材料も無いわけですけど。
・とにかくチーム作りとしては、ここまで予定通りに行っている感じ。

・とはいえ勿論不安点もあり。
・...というか、多分順調だからこそ、既に見えている限界もある気がして。
・簡単に言うと、このやり方落ち着かない。(笑)
・落ち着き所が無いというか。ようがないというか。
・行った行った、もしくは行く帰るのとにかく繰り返しで、この相手に緩まなかったのは偉いけど、逆にこの相手でも自爆的に主導権を渡してしまう時間帯が前後半共にあった。
・世界仕様ならそれも覚悟という面はあるだろうし、広くトランジション・サッカーの特徴と言えないことは無いんでしょうけど。
・それにしても、やや貧乏臭い(笑)がっつきサッカーという面は、どうしてもあった。
・それはアジアにおいても、崩し切れない時に収拾がつかなくなる恐れはあるだろうし、持たされたりチェンジ・オブ・ペースが必要となった時にいくら何でも厳しそうというところは今の段階でも見えて...。
・ただまあ、あれなんですよね。
・もうそれでいいのかなとも、思うんですよね。
・つまりそれはそれとして、当面は弱点よりも強み、長所・威力の磨き上げに専心して。
・その他の戦い方の運用は、それこそこれまで"寄り道"して来た4-2-3-1や4-3-3の併用で補うと、割り切る感じで。
・その"つもり"で寄り道して来たわけでは多分ないだろうと思いますが、結果オーライというか寄り道した甲斐があっていいというか。
・それで足りなければ、もっと"寄り道"してみればいいというか。
・と、いうのが、今見えている材料からの、僕の勧める&予想する未来像。
・とにかく出来てることがあるんだから、それをまず大事にしてと。
・変に机上で先走るのではなく。
・まあどうやら手倉森監督は、そこらへんは大丈夫そうですけど。
・沢山のことが出来るわけではないだろうけど、出来ることの取りまとめと運用はしっかりやりそうだなと。
・そういう感触。
・負けるとすれば、純粋な能力的限界で。混乱ではなく。(笑)

・さて"ヴェルディ"的には、当然"ボランチ"安在和樹という話になるわけですが。
・なんつうか、これ単に"急遽""代役"ではなくて、狙ってたなという印象ですね。
・腹案、イメージとして、前々からあった起用法らしいなという。
・むしろヴェルディの試合を見ながら、「俺ならこう使う」と思っていたというか。
・安在自身も自身で、どうもそれなりに経験はあるみたいですね、まごついていた様子は無い。
・元々どっしり気味の(笑)体格で中盤に腰を据えて、時に名波的な感じで堂々と左足を振るっていたと思います。
・"本職"だと言っても(代表レベルで)通るというか、その後の4-3-3のインサイド的な起用にも問題無く応えて、期待・予想以上の"MF"適性の高さだったと思います。
・正直(左)サイドバックとしては、まずまず潰しの利く運動能力と左足は持っているけど、それ以上のセンスを感じたことは無かったんですが。
・仮にもう一列前で使ったとして、クロスマシーンになるくらいかなという、そういうイメージ。
・見直しました。自クラブの選手ながら。(笑)
・ていうか可能ならば、ゆくゆくはヴェルディでもこっちで使うべきなのかな、少なくともその方がチームへの影響力は極大化するだろうなという。
安"西"の方は、MF適性そのものは認めつつも、起用はSBの方が"極大化"すると思ってるわけですが。
・とにかく意外な発見。
・それならやっぱり、三竿は二列目の方が、少なくとも今季に関しては実用的かなあと。
・左SBの方は、福井で何とかするとして。
"ダブルアンザイ"とかそもそもロマン枠過ぎるんだよというか、そもそもそのクオリティに中盤が応えられてないじゃないかとか、早速の宗旨替え気配。(笑)
・まあヴェルディのことは置いておくとして、代表の戦力として、この先もかなり有用なんじゃないかなと、素直にそういう感想。
・言われるまでもないと、抜擢した方は言うでしょうが。(笑)
・期待します。(笑)

吉野はとりあえず、その変な"広島"カラーのヘアーコーディネートやめい。
・今日本サッカー界で、「広島カラー」がどれくらい嫌われてるか、分かってないようだな。(笑)
・こだわるところが違う。
・野津田もちょっと、大艦巨砲ぶりというか、芸域の狭さが日に日に目立ってる気がしますし。
・後半途中の4-3-3へのチェンジは、野津田が4-4-2に対応出来なかったからという風にも見えましたが。(ただし記憶自信なし(笑))
・くれぐれも、"我"の出し方を間違わないように。
・翔哉も吉野も必ずしも積極的に応援していた選手ではなかったですが、さすがに(安在と)3人揃うと気持ちがいいですね。(笑)
・みんな頑張れ。
・故郷の親戚一同ご近所さんも、陰ながら応援してるぞ。


まあ今いち華(と品?)は無いですが、意外とやるかもね、このチーム。
前の(ロンドンの)チームも十分に"やった"はずなんですけど、どうも手応えと愛着が薄くて。(笑)
今度はちゃんと見届けたいなと。

しかし今月末からの予選の後の最終予選、また来年の1月だって?
この年代、1年経ったら全然別物じゃないか。酷い日程だな。


スポンサーサイト
テーマ:サッカー五輪代表
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
自分のとこの選手が代表で別の使われた方をして、それがハマるというのは中々楽しいですよね。
イングランドだと、逆のパターン(もっと色々できるんだよええい野暮ったいなあ、という)が多いんですが笑
2015/03/13(Fri) 14:30 | URL  | szakekovci #-[ 編集]
最近のヴェルディの選手は、よく知る間もなくどんどん試合に出てしまうので、「自分のとこ」と言っても大して馴染みが無くてむしろユースに詳しい他サポの方が余裕で知ってるくらいで、今回もなんか手倉森監督に"出し抜かれた"みたいな感じです。(笑)
まあ冨樫監督自体は当然よく知った上で、サイドで使ってるんでしょうが、それはそれとしてクラブでも試して欲しい使い方ではありました。
イングランド代表って・・・そもそもなんか、"代表"感がありませんよね。プレミア自体が、最初から「国際舞台」という感じで。その中のイギリス人部門という(笑)。ジェラードとランパードの併用なんかも、そういう意味で、"世界のサッカーファン"の期待を裏切れない苦しさみたいなのがあったのかなと、何となく。
2015/03/14(Sat) 07:43 | URL  | アト #/HoiMy2E[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック