ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ等
今週のモーニング(’15.4.9) &"殿堂"追加
2015年04月11日 (土) | 編集 |
mor150409



「殿堂」(アニメ版)

 『ワールドトリガー』 『SHIROBAKO』 『艦これ』 『暗殺教室』 『七つの大罪』

を、

「殿堂」(海外ドラマ米国以外編)

 『ダウントン・アビー』 『クロッシング・ライン』

を、それぞれ追加しました。

『ダウントン・アビー』については機会があったら何か書きたいような気はしますが、何を書いたらいいのか。(笑)
"見ての通り"という感じの、正に「完成」された作品なので。

『七つの大罪』も"外さない"感じの今ドキ王道少年漫画作品で良かったですが、最後ちょっと余りにもドラゴンボール的というか、"ラスボスインフレ"的になってしまったのが残念でした。"群居"な感じが良かったのに。ちょっと"集約"し過ぎ。それで急にダルくなった感じ。『ワールドトリガー』の方は、変わらず絶好調放送中。物凄く好き。何の不満も無い。


『グラゼニ』

デッドボールが理由ではなくても、"開いて"打つ人には何となく気が弱い印象がありますよね。
八重樫とか、淡口とか。(古い)

『コンプレックス・エイジ』

なんつうか出て来る人が誰一人"幸せ"そうに見えない。(笑)
ある種現実感覚の鋭い人なんだろうなという、感じはしますが。
ちゃんと"逃避"出来てるんでしょうか。(笑)

『麻生さん』

なんかこう、主人公同様、作品もいつか"殻"を破って化けて来そうな、そういう予感があります。
今はまだ、どこへ行こうとしてるのかさっぱり分かりませんが。(笑)

『インベスターZ』

"リーグ戦"という感覚は、なんか面白いですね。その割には"一戦"一戦が一瞬過ぎる気はしますが。
ただ長尺のゲーム的に、日々コツコツとやれたらそれはそれで楽しいかもなと。

『サ道』

コンサルも政治家も、一人一人は平均的には、やっぱり相当に優秀な人がやってはいるんだろうなと思います。
本来はというか。(代理店も?)
仕事の難しさが、余りそうは一般人に見せませんが。
例えば女を争ったら、財力の問題は別にしても、まず敵わないだろうな的な。(笑)
今回の件については、コンサルというか"誰か"の気持ちが隅々まで通っているのが、店の心地よさの理由と言うべきでしょうか。"一般論"や、"集合知"ではなく。

『カバチ』

人間到る処(ところ)、居所あり。

『セケンノハテマデ』

でも嫌な気はしないんですよね、男は。騙されても
サノリオみたいなタイプ。(笑)

『へうげもの』

子供の時読んだ学習漫画日本の歴史

学習漫画 日本の歴史 20巻+別巻3冊 全23巻セット学習漫画 日本の歴史 20巻+別巻3冊 全23巻セット
(2010/04/13)
岡村 道雄

商品詳細を見る


では、むしろ家康は女の方に甘い顔を見せて、には厳しくして離間を謀ったことになってましたけどね。
ちなみに当時は、"和歌森太郎監修"でした。(笑)


スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック