ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ等
小泉梓さん(’15)
2015年06月08日 (月) | 編集 |





"小泉"もなんだか沢山いますけどね。今回所長さん用のブックマーク記事の中で名前を見た時点では、僕自身も別の小泉のことかと思ってました。(笑)


腕ブラにも挑戦♪小泉梓のパーフェクトボディー「チェックして」 (サンスポ)

人気モデル、小泉梓(28)が最新DVD&ブルーレイ「AZU MODE」(ラインコミュニケーションズ、4104円)で抜群のプロポーションを披露している。
3枚目となる同作は、2月に常夏のサイパンで撮影。愛くるしい笑顔からは想像できない、1メートル67、B83W56H83のパーフェクトボディーをチューブトップ水着やランジェリーに包んで露出。腕ブラショットや、シャワーシーンにも挑戦した。

勿論この紋切り型の記事に惹かれたわけではなくて、横についてる画像の方に引っ掛かりを感じて、ブックマークしておいたんでしょうけど。
後はまあ、"モデル"付加価値かな?僕の"モデル"趣味と"グラドル"趣味の、一粒で2度美味しい効果というか。(笑)

という感じで名前自体僕は初耳でしたが、画像探してみると意外と質量共に豊かで、過去の脱ぎっぷりの良さとそれなりの人気の蓄積のほどが窺えました。
まあ今は昔ほど"モデル"と"グラドル"の区別は厳しくはなくて、そういう意味では触れ込みだけでは、どれほど「付加価値」があるのかも、よく分からないところはありますが。(笑)
脱ぐ前提のモデル稼業かもというか。


Wikiを覗いてみると・・・

16歳からモデル業を始動。2008年まで雑誌『Cawaii』の専属モデルを担い、2010年、10月に至るまで『Ray』のレギュラーモデルとして活動。
2011年に『JELLY』の3号連続オーディション企画「ジェリガオーディション」にて3000名以上の候補者をわけてグランプリの座を獲得。以後およそ2年間にわたって同誌の専属モデルを務め、2013年、5月号をもって同誌を卒業。同時に『BLENDA』へ移籍、5月号より同誌の専属モデルとなった。

一応僕も知ってる雑誌ばかりで、凄くちゃんとモデル活動した後で、グラビア進出したんだなという。
・・・『CanCam』と『JJ』以外総なめ、みたいなまとめ方も可能でしょうが。(笑)
そういう意味ではやはり"付加価値"というか、"モデルが脱ぐ"という緊張感は、あんまり感じないかなという。
グラドルと、そこまで決定的に違う世界で活動していたわけではないというか。業界の片隅で体張って仕事してるどうしの、共感性みたいなものは自ずと醸成されていたのではないかというか。(笑)
まあそれだけつまり、堂に入った感じのグラビアに見えたという話ですが。


小泉梓、Eカップくびれボディー披露「写真は続けます」 (サンスポ)

モデル、小泉梓(28)が30日、3枚目のDVD「AZU MODE」(ラインコミュニケーションズ、4104円)の発売イベントを東京都内で行った。1メートル67、B83W56H83のEカップくびれボディーをビキニや腕ブラで披露した同作について、「写真を撮られるのは大丈夫ですが、映像には違和感があったのでこれが最後のDVDです。写真は続けます」と宣言。

"違和感"という表現は、割りと面白いと思いました。
ちゃんと選んで感じて、使っている言葉というか。
悪くない人かも。頭も悪くなさそう。
まあアイドルDVDはね、どう頑張っても、趣味のいいものにはならないですよね。(笑)
"作品"にはというか。AVに比べても。
「グラビア」卒業宣言ではなく、「DVD」のみ卒業宣言であることに、逆にグラビアへの取り組みの前向きさを感じます。
モデルのアタシが、脱げばいいんだろう的ではなく。情熱と興味を持ってやってるというか。
だからこそ、それを感じられないDVDはやめるという。


顔と体は、それ単体では、正直そこまで魅力も個性も感じないんですけど、トータルバランスと、やっぱり"モデル"の付加価値(笑)で、興奮している感じ。




・・・ちょっと釈由美子に似ている?(笑)
イケイケビッチな釈由美子というか。
上の"コメント"への好感度が無ければ。

1987年1月11日生まれ。山羊座のB型。
しっかり山羊座と、ざっくりB型。なんか分かる気がします。
この人の少し正体不明な印象に。

山羊座は自由を認めない星座。
B型は自由な血液型。
金と権力が欲しい山羊座。
そんなものより親友や自由な時間が欲しいB型。
矛盾ですね。
(中略)
プロフェッショナル気質なのは間違いない。極める力を持っている。

・・・だそうです。(笑)
ファッションモデルの次にグラビアと、今プロフェッショナルに極めている最中なのか。


とにかくクオリティは既に高いと思うので、今後も頑張って欲しいと思います。
多分もう少しリラックスした方が、味が出て来るのかなあという。
"グラビア"の型にはまるのが、上手過ぎる印象。
それもあって、"付加価値"不足になってるのか。

仕事は真面目。顔はビッチ。
今後この矛盾がいかに。(笑)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
顔があれだと、あっちもやっぱり・・・
というのが最近高い授業料払った私の持論です(笑)。

2015/06/10(Wed) 09:12 | URL  | K2 #-[ 編集]
"あっち"が"ビッチ"なら、とりあえずその場はOKで授業料という話にはなり難そうではありますが。(笑)
ちなみに僕は、"和彫りのネエさん"系に、妙に好かれます。可愛がられるというか。"タトゥー"は特にそういうことはないですが。
思えば中学の時から、不良/ヤンキー系のコとは仲良かったですから、その感じの延長かなと。(笑)
2015/06/10(Wed) 12:38 | URL  | アト #/HoiMy2E[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック