東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
今月のモーニング2(’15.6月) & 今号のイブニング(’15.6.23)
2015年06月23日 (火) | 編集 |
mor2_1506


新連載が面白かったので、当面買い続けることにしました。
座椅子で片手で読める姿勢も、何とか見つけたし。(笑)
重いけど。(笑)


『デビルズライン』

格闘訓練とは、また意外な切り口。
やっぱりこの新上司は魅力的だ。
裏切り者なのが残念。(笑)

『聖おにいさん』

夢の島って今そうなってるんだ。
いつもの東京ローカルという以上の、"ご当地"ネタ。(笑)

『変ゼミ』

終わった・・・のか?
あんまり腑に落ちない。

『フロイデ』

音楽家あるあるというよりも、ベートーベーンの"キャラ"ものとして、やって行けそうな感じですね。
割りと萌える。(笑)
"交響曲"の定義の話は、言われてみるとなるほどという感じ。

『神様の横顔』

いいねえ。期待以上。
"ライバル"関係のレベルが高いのがいいですね。
足引っ張り合いとか、別に見たくない。
女子人気は多分、その"ライバル"の方が独占しますね。(笑)

『不思議なゆりこさん』

キキキ。好物。(笑)
でもほんとに宇宙人なんだろうか。
来月あたり、あっさり設定変わってる気もする。(笑)

『アニメタ』

アニメ業界ものが面白いのは、"報われない"前提だからですかね。(笑)
清々しいというか。(笑)
ロマンの自己責任というか。

『大砲とスタンプ』

単純に今回は面白そうなストーリー。
"戦記"ものとして。

『局地的王道食』

すあまは確かに、滅法美味しい。
あんまり見ない(笑)し、その分も含めて。
そんなに食べるの大変だったかな、特に記憶が無い。

『おしりマカロン』

あんまり"本格"的な、レズ展開は勘弁。
"四角い尻がいない"楽園なのは、よく分かるけど。(笑)
尻的に。(笑)

『メタラブ』

まあそんな素直には行くまいとは、思ったけど。
でも"昏睡"キャラが外れると、俄然普通になりそうな。



eve150623


『瑠璃と料理の王様と』

うーん、魯山人一代記なら、読もうかと思ったんだけど。
単なるおせんと美味しんぼの合体ではなあ。

『秋月あきひろ』

ギャンブルレーサーの人とかこの人とか、確実に一つの"腕"を持っている人ですけどね。
ツボというか。
ただ素材には、かなり左右されるだろうという。
あんまり秋月が大プレイクする話とかは嘘っぽいけど、逆にあんまりブレイクしないのも現役生活が終わってしまって、連載も終わってしまうという。(笑)

『黒白』

二回目にして、既にめんどくさくなって来ました。
まあ何というか、伝奇や民俗は、小説の方がいいなという感じ。絵にすると、型にはまり過ぎて。
SFもそうですが。
僕の性癖としても、こういう"断ち切りで一面に描かれた美麗な絵"というのを漫画で描かれると、途端に読む気が無くなるんですよね。
俺は漫画が読みたいのであって、映画が見たいわけではない。
漫画は"コマ"と"枠"だ。その限定性のリズムだ。
情報量少ねえー。金返せ
描く方は手間なんだろうというのが、逆に虚しい。(笑)

『オールラウンダー廻』

"技術的劣位を開き直りで打開"の描き方が、かなり秀逸というか説得的というか。
廻戦よりもノッている気も。(笑)
まあ主人公描くのは大変ですよね、避け難いマンネリが。

『妖怪番長』

どうやら面白くなって来た。
設定もいい意味で広がり始めたし。

『がんぼ』

なんだかんだ主人公だなと。
必要、というか。(笑)

『少女ファイト』

まあ頑張れ。(最近てきとう笑)
なんにせよ壮絶なキズの舐め合い漫画。

『海賊とよばれた男』

ゼロ?(ぴくっ)
あくまで芸術的必然性に沿って、お願いします。
それなら読みます。

『天空の蜂』

さすがにそれなりの奥行きは感じる背景設定。(つまりまだよく分からん笑)
恨みは恨みにしても。

『たんさんすいぶ』

エロ漫画おつ。

『なまこちゃん』

"落"ちてびっくり"落"語的な"オチ"。(笑)
これぞ"二次元"コンプレックス?(笑)


おあとがよろしいようで。(棒読み)


スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック