東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
ジリアン・アンダーソンさん(’16)
2016年02月10日 (水) | 編集 |




まあ、改めて僕が紹介するような感じの人でもないんですけどね。
要は『X-ファイル』の"スカリー捜査官"です。



ドラマ見て知ってる人には言うまでもないことだし、知らない人には言ってもしょうがないし。(笑)
「海外ドラマ」というジャンルのマイナーさの悩ましさという。
"マイナー"の中では"大メジャー"という、ややこしい作品の位置付け。
紹介しがいが無いというか。(笑)


ただ・・・僕自身は実は、"スカリー"としてファンになったわけではないんですよね。
X-ファイル自体、リアルタイムではちらっとしか見てないし。(余り好きじゃなかった)
そこに出ている、「変に下ぶくれした顔の女優さん」という印象しか、当時は。

だいぶ後になって、お歳も召されて(笑)後(のち)に、何で見たんでしょう、きっかけは覚えてないんですが、"スカリー"として以外で見たジリアンさんのダルーーーい雰囲気妖しい美しさに気が付いて、最近見た出演ドラマはどれも出色の出来・存在感です。
ちょっと濫用されているというか、ジリアンさんの個性によっかかり過ぎとキャスティング側に感じるくらい。


一番好きなはこれですかね。
現在は『CRISIS ~完全犯罪のシナリオ』というタイトルで放送されている作品。



主役ではないんですが、「時に超法規的措置も辞さない、政府へも強い影響力を持つ巨大企業の辣腕CEOであると同時に、(テロリストに拉致された)子供を思う母親」という二面性を、恐ろしいほどの説得力で演じ切っています。能面のままで。(笑)




こちらはもうすぐ日本でもシーズン2の放送が始まる、『羊たちの沈黙』のレクター博士の若き日を描いたドラマ、『ハンニバル』

レクター博士の精神科医仲間という設定で、正直特にジリアンさんである必要は感じないというか、役柄以上の意味性が生じちゃってキャスティング的には成功していると思わないんですが、それだけ個性の強い人だということ。


そして『THE FALL 警視ステラ・ギブソン』
ズバリ、ジリアン・アンダーソンさんありきのキャスティングの、一応初主演ドラマ?



まあ、濃いです。(笑)
見てると"ジリアン・アンダーソン"という名の海泳いでいるような気分になります。(笑) (参考)


持ち味を一言で言うと、結局"セクシー"ということになるんでしようけど、だからと言ってこういう感じがいいわけではない。



ググっても意外と"セクシー"系の画像は無かったですね。所謂。
いかにもモノクロのヌードとか、撮ってそうなタイプですけど。

あくまで全体的な雰囲気とかたたずまいとか、喋り方とか、勿論人格そのものが醸し出す、"セクシー"ということで。
非常に包容力的なものは感じるんですけど、しかし「母性的」という感じはしないんですね。
かといって「娘」「少女」では勿論無いし。
"スカリー"は今見ると十分魅力的ですし、ジリアンさんなりには「青春」の美を感じさせますけど、まあ、若かったね!という感じです(笑)。今となると。

多分根はさばさばしていてユーモアセンスが勝っていて、"女友達"タイプなんだと思います。ただし、究極にエロい。(笑)
友情が維持出来るギリギリの。(笑)

まあ出来ると思いますけど。
知的な会話を楽しみつつ、気が付くと"性"も補給出来てごちそうさまでしたという感じ?(笑)


今後もどんな作品(ドラマ)に出てくれるのか、非常に楽しみです。
出てれば必ず見ると思います。(笑)
そろそろコメディとかも、やりそうですね。
"TVドラマ"でのキャリアを、考えると。

ああ、友達になりたい。(笑)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック