東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
今週のモーニング(’16.3.3)
2016年03月04日 (金) | 編集 |
mor160303



『ジャイキリ』

監督の言うことが、無責任な解説者みたいというか、単なる"モブ"になってるというか。
選手がかける声にもまるでリアリティが無いし、全体的に漫画としての緊張感が完全に失われている。
悪い意味で、「マンガみたい」。(笑)

『グラゼニ』

こっちも凡田の助かり方は、少し「漫画的」だけど(笑)、「低め」と「高め」の話はなるほどなという感じ。
やっぱり高めの速球は、ある程度"打ち取れる"ものとして気楽に投げてるところはあるんでしょうね。だからこそ、それを小早川にはじき返された江川は、あんなに動揺して引退してしまったという。
あの決断は今いち納得行かなかった。

『会長島耕作』

なかなか衝撃的というか、核心を衝いた"日本人"論。
これ弘兼発信なのかな?(笑)
"コネを大いに利用する"というのは、企業社会では立派な「正義」ですからね、そこを問うて来るとは思わなかった。

『疾風の勇人』

やはり政局は不毛ですか。そうですか。
こちらも思わぬ"正論"。(笑)

『からまる』

副室長よりも更に、「普通の人」ぶりを責められる店長さん。
今回の主役はクレーマーの方ではないようですね。

『インベスターZ』

"綾瀬"と言われて「無い無い」と突っ込もうと思ったら、ほんとに無かった。(笑)

『4D』

天使・・・てこと?
あれ(翼)はある程度普遍的な、"バルク体"の形だと。

『カバチ』

児童相談所というのも、しんどそうな仕事ですね。
労基署よりは、マシだろうけど。


スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック