東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
今週のモーニング(’16.12.8)
2016年12月09日 (金) | 編集 |
mor161208.jpeg



『グラゼニ』

本来は防御率が一番大事なはずだけど、なんだかんだ"勝ち星"がつく人とつかない人の差ってはっきりありますよね。一種の"決定力"の問題というか。

最近微妙に好みが変わって、「長身」「巨乳」も好きになったので、早瀬あやちゃんそそります!!
・・・想像の上ではね。(笑)



実際はまあ、所詮B・C級。特に、が・・・
"芸能人"オーラは無いですねえ、残念ながら。

『疾風の勇人』

ていうか"安保理常任理事国"(拒否権)制度作ったやつ、そもそも機能させる気無いだろ?
それともそんなに、一時はみんな仲良しだったの?
逆にあれが無いと国連自体、作れなかったのかも。

『会長島耕作』

"武部"のルックスの"ゲイ"感がリアル過ぎるので、弘兼氏自身相当そのケがあると、推測しています。

『バンデット』

ちょっと"漫画"かな?抜け方が。(笑)

『バベル』

ちょっと『刻刻』感、または『寄生獣』感。

『アイアンバディ』

なんか夢があるようで無いなあ。
所詮、「誰が支配者になるか」という話でしかない、最近の"産業"の話は。
それが僕じゃないのは、確かだし。(笑)

『眼鏡橋華子』

"人物描写"以前に、そもそも男の「絵」がちゃんと描けてないと思う。
それこそ(笑)フォルムが変。

『インベスターZ』

先週に続いて"説明"回。
しかも主人公が"いい人"役。
割り切ってるなあ。(笑)

『女神のブログ』

めっちゃいい。
まあ女性独特の完成度で、"作家としての技量"とは微妙に違う可能性があるけど。(女だよね?)

『カバチ』

要するに"主人公"にされると馬鹿に描かれるんですね、この人たちの作品では。
いつも馬鹿にして御免、田村。(笑)

『CITY』

今一つ絵(ポーズ)が分かり難かった。


スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック