ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ等
今週のモーニング(’17.1.12)
2017年01月12日 (木) | 編集 |
mor170112.jpeg



『バベル』

なるほど。『宮本から君へ』か。言われてみれば画風が。
じゃあこれから、もっと熱血展開するんでしょうか。(笑)

『グラゼニ』

ピッチングコーチブルペンコーチバッテリーコーチがいるのね。(笑)
でもフィジカルコーチはいない。"マッサー"はいるんだろうけど。

『疾風の勇人』

"独立"という愛国的仕事をこなしつつ、愛国"主義者"とは戦うお仕事?(笑)
ご苦労なことですな。
ていうかこの先凄い楽しみ。

『バンデット』

弓の鍛錬てこういうことなの?(笑)
そりゃ「一騎打ち」状況もあるかもしれないけど、基本的には迎撃や遠隔攻撃が仕事のはずだけど。
和弓はほんと、"心"で当てるんですよね。「照準」ではないんですよ。
"絶対平等"は、何もマルクス主義者の専売特許ではない、むしろ"自然"で"素朴"な発想だという話。その分"陳腐"でもあるわけですけど。

『アイアンバディ』

人工"知能"が人間を超えるのは比較的簡単そうですが、ロボットの"身体動作"については結構初歩的な段階でもバシバシ引っかかる感じ。
実は所謂"ディープラーニング"よりも、更に"ディープ"な"ラーニング"が必要な領域なのかも知れません。
我々のさりげない動作に含まれる、複雑さというか深遠さというか。

『インベスターZ』

どちらの言い分もそれぞれにもっともではあるんですが、道塾を潰しもせず新しい学校を作るというのは、やはりどうも倒錯しているというか、二度手間感が引っ掛かりますね。

『Underground宇宙人』

いやあ、なんか、いいんじゃないですかね。
「日本の漫画」をしっかり読んで育ってる感じと、でもおかしな閉鎖的なコミュニティには囚われていない、外国人ならではの感じと。
悪いけどさあ、オタクはどこまで行ってもオタクだよ?時代が変わったからって価値転換したりはしないよ?なぜなら基本が自縄自縛だから。他人のせいじゃないから。

『カバチ』

とはいえ法律は法律なので、そこのところをどう処理するのか。
ある意味"浦見"と同じようなタイプのキャラクターですね、問題提起というか。

『CITY』

なんか切なくて良かったですね。
やっぱりこの人は、「女の子どうしの関係」を描くといいみたい。


スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック