東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
泉里香さん(’17)
2017年06月28日 (水) | 編集 |




もう4週目ですね。だいぶ遅れました、泉里香さんの紹介です。

最近増えて来た、"脱げるファッションモデル"の一人という感じの認識でいいのかな?
・・・なるほど、"モグラ"女子か(笑)。上手いことを言う。

「モデル」+「グラビア」=モグラ。女性誌などのファッションモデルとしても、男性誌のグラビアとしても活躍している女性のことを指します。

(男性も女性も虜に なぜ今「モグラ女子」がウケるのか?/Forbes Japan)

実は僕自身は、そんなに好きでもなかったりするんですけどね。
何でかというと、脱いでくれるのはありがたいんですけど、あんまりルーティンでやられると「モデルが脱いだ!」「女優が脱いだ!」という瞬発力が失われるからで。緊張感というか。
"両方"やってもいいんですけど、その場合も「モデルの水着」という特殊性というかはったりには、ちゃんと気を遣って欲しい。僕らの夢を壊さないで欲しい(笑)。易々と"グラビア"文体に屈しないで欲しい。

泉さんの場合だと、ここらへん

izumirika_b1izumirika_b2

とかは、いかにも"モデル"の"脱ぎ"ですね。"見せ"というか。
このままでは男性誌は無理でしょうが、そこから割りと"間"(あいだ)が無い感じで、こういう分かり易い感じ

izumirika_b3izumirika_b4

に飛んじゃうんですよね。ちょっと気安いなあという。(笑)

まあ根本的なことを言うと、そこまでもったいぶるほど地位のある"モデル"さんではないというか、売れる為に出来ることを全部やってるだけというのが、泉さんに限らず最近の"モグラ"女子の専らなんでしょうけど。
かつてエビちゃんがCMで水着になった時とかは、かなりドキドキしましたけどね。(笑)

蛯原友里cm

エビちゃんも別に"国際的"とか"超一流"とかいう程の格の人ではないですけど、それでも一応「地位」を築いてから"降りて"来たので、それ相応の緊張感はあった。
今はほとんど最初っからですからね。伊東紗冶子さんとかもそうですし。


そういう意味では"ただのグラドル"みたいなところはあるんですけど、ただ一方の"専業"のグラドルが、冬の時代でおよそチープな感じの人ばかりが目に付く現状なので、そこの"空白"を埋めている、"隙間"を上手く突いた、そういう面はあるかと思います。

昔は逆に"モデル"並のクラス感を漂わせるグラドルとかが、コンスタントにいたんですけどね。"専業"かどうかはともかくとして、コンスタントに脱いでくれる。
原史奈さんとか最高でしたね。"女優"でもありますけど。

原史奈1原史奈b2

熊田曜子だって今はああいう扱い(笑)ですけど、喋る前は相当なクラス感だった。少なくとも今の専業グラドルでは到底見当たらないレベルの。"モデル"感は別に無かったですけど。(笑)

とにかく"モデル"バックボーンを売りにするなら、それなりのものを見せてくれないと結局"コウモリ"で終わるのではないかと、そういう危惧はありますね。"モグラ女子"というあり方には。
・・・ただ昔と今と状況が違うかも知れないのは、"グラビア"も含めて「女の子が女の子を愛でる」、なんなら「カラダを愛でる」という習慣が、ここ数世代でかなり定着しているように見えること。
だから"兼業"そのものにはそんなに難しい部分は無い、だからうるさいこと言わないでもいいという、考えはあると思います。
ただそうはいっても、"ファッションモデル"を見る女の子の目は、それはそれなりに厳しいものがあるだろうとは思いますが。"一応"は"一応"でしかないというか、"モデル"としての格を付けたければ、やはり男性誌に出る時でも、それなりの納得感は必要ではないかと。例えばいずれバラエティ進出を目指すにしても。(笑)

"格""格"うるさいようですが、こういうのは結局、"シンボル"を消費するものなのでね。
男の側からしても、出来れば格のある/格を感じさせる人に脱いでいただいた方が、ありがたいですし興奮もします。(笑)
はったりは大事です。(笑)


泉里香さんデータ。(Wiki)

旧芸名 浜千咲、梨華、泉里果
1988年10月11日生まれ。天秤座のA型。
身長166cm。(以下非公表)

芸名が沢山あることから分かるように、結構苦労人というか紆余曲折のある人。歌まで出してる。
身長もそこまでではないですし、"モデル"として決してエリートでもストレートでもなくて、そういう意味ではほんと、何でもいいんでしょうね。
むしろよくスターダスト(現在の事務所)まで、たどり着いたなと。頑張ったというか運が向いたというか。

グラビアの表情を見ると、いい人というか、多分結構普通の人なんではないかなと。(笑)
"モデル"然とした顔の方が、作ってるというか。
ダウンタウンDXにはまだ出てないんですね、珍しい。そこがまあ、一つの"関門"ですね、僕的に(笑)。僕に何か印象を残せるかどうか。


男子人気は既に僕が思った以上にあるようですね。
やっぱりみんな、"優しい"顔が好きなんだなあと、何十回目かの再認識。(笑)
まあとにかくそういう感じで、"グラドルとして成長"して欲しいと、思います。"こなす"だけにとどまらずに。スリムでグラマーで、素材的には当然素晴らしいものがあるわけですから。

頑張って下さい。(笑)


スポンサーサイト
テーマ:女性タレント
ジャンル:アイドル・芸能
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック