東京緑、代表、アイドル、二次元、女子バレ
今週のテレビアニメ(’17.7.22~7.28)
2017年07月29日 (土) | 編集 |
7/22(土) ザ・リフレクション #1『セレモニー』 (NHK)

豪華スタッフの鳴り物入りで始まったアメコミ風アニメですが、だから何?というのが今のところの感想。
"何"を見たらいいの?という。レトロな映像美?100万回見たような感じのストーリー?
"同期"に『RWBY』があるだけにね。なかなかの今更感。
トレバー・ホーン(バグルスなど)の曲も、なんか日本のアニソンに寄せた感じでパッとしないなあ。

7/23(日) セントールの悩み #3『小さい子のあのバイタリティは何処からくるの?/時代や年代を問わず、魔法少女って人気あるよね。』 (MX)

"亜人"の家に"座敷わらし"って、ややこしい。(笑)
・・・なんてことを言ってると、"差別的"だと告発されそうな、そういう設定でしたね確か。
"天使"(?)の生徒会長さんが金持ちじゃなかったのは、意外でした。

7/23(日) ナイツ&マジック #4『Light & Shadow』 (MX)

登場時は王様も公爵も主人公たちの成功を喜ばない"悪者"サイドなのかと思いましたが、何とどっちもいい人でした。(笑)
だからといって甘い感じの話にもなっていないし、これはなかなかの秀作の予感がしますね。
簡単に"悪い"やつ"嫌な"やつが出て来ちゃう話は、すぐ底が割れてしまいますよね。

7/24(月) 恋と嘘 #4『恋の科学』 (MX)

これってひょっとして・・・"SF"と言ってもいいんじゃないですかね。
もしくは最近話題の(?)「思考実験」。
とにかくそういう、「設定」とのクールというか理知的な距離感を感じます。「if」の問題を極めてみようというか。

7/25(火) 徒然チルドレン #4『ラブコメディ』 (MX)

くっそー、なんか色々と腹立つ。(笑)
「生徒会長」や「ミナガワさん」を見てると、"強者"(きょうじゃ)というのはいるものだなと思いますね。
"弱者"だから不幸ということでもないんだろうけど、でもせっかくなら強者になりたい。なってみたい。(笑)
そして一番の強者はこの作者自身か?
腹立つ!(笑)

7/25(火) ナナマルサンバツ #4『謎の美少女ですが、』 (日テレ)

"因縁のライバル"らしきニューキャラも登場して、一応"少年漫画"らしい盛り上がりも醸し出してはいるんですが、どこかしらまだ『ゲームセンターあらし!』的な"ギャグ"感が、残っていなくはないです。(笑)
やっぱ「ボタン(押し)」で必死になると、どうしてもそういう連想をしてしまうんでしょうね。(笑)


7/27(木) 異世界はスマートフォンとともに。 #3『将棋盤、そして地下遺跡。』 (MX)

余りにも正々堂々ご都合主義なので、逆にどこまで行くのか見届けたくなります。(笑)
主人公贔屓と、言うも愚か

7/27(木) ゲーマーズ! #3『星ノ守千秋とすれ違い通信』 (MX)

ああ、これやっぱり面白いらしい。(笑)
この回の"ぼっちゲーマー"の描写は、何か色々核心に触れている感じ。
「恋愛」(感情)の描き方も、微妙にシビアだし。

7/27(木) DIVE!! #4『THE STRONG MEN』 (フジ)

いくら何でも主人公鈍感過ぎるだろう。"無邪気"のレベルを超えている。僕も嫌いだ(笑)こんな奴。
だからといって変にになって、進行を遅くはしないで欲しいですけど。(笑)
とにかくダイブダイブ!基本その技術論しか、今のところ興味が無いです。

7/28(金) メイドインアビス #4『アビスの淵』 (MX)

いちいち表現が巧みかつ自然で、色々とこみ上げて来ます。
前回は友達たちとの別れに随分胸をかきむしられましたが、思いの外アビスの中が明るいので、むしろこれから色々と"出会う"んだろうなと、割りとイメージし易くはなったかも。


『異世界食堂』『アホガール』『グルグル』『ノラと皇女と野良猫ハート』『RWBY』も、書きはしませんが見てます。
『アホガール』は別に見たくないんですが、『徒然チルドレン』とセットで放送してる感が強いので、切りづらいです。(笑)


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック