ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ、他
今週のモーニング(’18.2.1)
2018年02月02日 (金) | 編集 |
mor180201


1月期アニメ4週目。(続編物は除く)

『ラーメン大好き小泉さん』
『グランクレスト戦記』
『刀使ノ乙女』
『刻刻』
『からかい上手の高木さん』
『バジリスク ~桜花忍法帖~』
『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』
『ミイラの飼い方』


で不動。
特に強烈な作品はありませんが、豊作と言っていいのかも。

・・・『バジリスク』はずっと見てたんですが、書き忘れてました。



『ドラゴン桜2』

まあとにかく、安定感。(笑)
時間が経とうが製作体制が変わろうが、何の関係もありませんね。(笑)
この世界"古く"ならないだけで、大したものだと思います。
別に新しい必要は無いんですよ。古くさえなければいいので。

『グラゼニ』

古くはなってないんだけど、なんかいっときの緊張感が失われて久しい感じはしますね。
僕的には、"メジャー"編が半端に終わってしまったことで、何か一つ気が逸れたかなと。
"メジャーに行く"こと自体に、「予想外」の高揚があっただけに。
本来はむしろ、国内でこせこせ稼いで行くのが、相応しい作品だったと思います。
以後は何というか、『グラゼニ』という作品を"口実"にプロ野球に関するあれもこれも描いてしまおうという、"ついで"の安易さみたいなものを、常に感じています。

『カバチ』

自分で自分に借金を返す計算になるとは。なるほど。

『ハーン』

義経はぴんと来てませんが、モンゴル人(遊牧民)たちの描き方は、割りと気に入っています。
ていうか義経、最初から大陸の人みたいじゃん。

『ハコヅメ』

パトカー見て安心する人と、嫌な感じがする人と、どっちが多いんでしょうか。(笑)
ぶっちゃけ犯罪被害者には滅多なことではなりませんが、細かい法律違反や"冤罪"の危険性は、常にありますからね。
"交番"は確かに、安心しますけど。

『鉄鍋夜曲』

別に悪くはないんだけど、余りにもありがちなストーリー。
例えば"中国人"にもっと強烈なキャラでもあれば、印象は変わるんでしょうけどね。
「夫婦関係」も、もっと掘れた気がします。ポテンシャルが無いわけではない素材というか。

『八百森のエリー』

多分"絵"的にそんなにバリエーションのある人ではないので、キャラが増えると一気にごちゃごちゃした印象になると思います。

『CITY』

特に経歴として書いてはありませんが(Wiki)、いかにも劇団経験とかありそうな人ですよね。
主にシュールさが。(笑)


スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック