ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ、他
今号のイブニング(’18.4.10) & 今週のモーニング(’18.4.12)
2018年04月12日 (木) | 編集 |
eve180410



地上波アニメ2週目。

『ヒナまつり』
『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』
『ニル・アドミラリの天秤』
『ゴールデンカムイ』
『踏切時間』
『ラストピリオド』


が、新たにヒット。
『ヒナまつり』『踏切時間』が特にお気に入りで、『ガンゲイル・オンライン』が予想外に面白かった。

『ピアノの森』
『蒼天の拳』


は積極的な興味はないんですが、一応有名作品のストーリーを知る為にとりあえず見てみようかなと。

『ウマ娘 プリティーダービー』
『重神機パンドーラ』


も、無事に二週目を突破。特に『重神機』はアガって来た感じ。
ちなみに新・銀英伝は"銀英伝"じゃなければ見ない感じの出来で、スカパーの『グラゼニ』も原作の6割引きくらいの印象。うっすいわあ。



『創世のタイガ』

あえて徒手戦を望みましたが、「体育の授業で習った柔道が役に立った」とか、そういう展開でもあるのかな?(笑)
僕は一応剣道と弓道の経験者なので、そっちで何とか。(笑)

『あなソレ』

相変わらずの謎の才能。
面白いけど、なぜ漫画を描こうとした。小説じゃ駄目だったのかな?(笑)
なんだかんだ脱ぎそうで脱がないですねこのコ。(笑)

『罪の声』

ほんとうに、リアル。
"声"の聴こえる作品。

『前略雲の上より』

"空港周りの公園"て、"競馬場内にある公園"と似たような楽しさがありそう。

『世界で一番』

酷い話酷い話。(笑)
ここまで手厳しいのは同性(女)じゃないと、描けない感じはやっぱりありますね。
異性だと文句が来る・・・というよりも、"含むところ"が見え透いている感じに映る。
これで"終わり"とはさすがに思えませんが。

『めしにしましょう』

なんだかんだ映像的には、世界的にも千ちひが一番評価が高い感じですね。
まあ外国人から見るとそうだろうと思います。
僕から見ると、クオリティはともかくイメージの"借り物"感がどうも気になるんですが。

『熱弾空間』

力量はあるし"センス"がいいと評する人もいると思いますが、"使い道"がマイナー過ぎてこれだけだとだからどうしたという感じに僕はなります。違う素材なら、手のひら返す可能性は十分にあり。
"汚い"ものは嫌いなんですよ僕。普通に。(笑)
同系でしょうけど、『めしにしましょう』にはある"華"が無いかなという感じ。



mor180412



『エリー』

なんか唐突な印象の回。
"レクチャー"回というか。
最後の「農家かスーパーか」という話は、当然今後に繋がるんでしょうけど。

『グラゼニ』

老山さん結婚してるのか。
ていうかこの強烈な名字、何か元ネタがあるんでしょうね。(笑)

『ドラゴン桜2』

早くも風雲急。
"現代っ子"(死語だけど普遍)感強調エピソードなんでしようけどね。
あたしはここまで突拍子もないことはしなかったという。
そして"SNS"の闇。「管理者」側にとっては常に悪夢。

『ハコヅメ』

おまわりさん、ご苦労様です!
ある意味坊さんみたいですね。
意外と"悟り"の近道かも。(笑)

『ブレスト狂詩曲』

色々と"振り"が弱いかな。ことごとく落ちが読める。

『素直なカラダ』

体毛は体の弱い部分を守る為に生える。なるほど。
じっと手を見る。(生えてはいない)

『VSアゲイン』

まあ"PB"と言えば「100円」(前後)だよねえ。
セブンアンドアイとイオンミニストップが既にある以上、なかなかそのイメージは。

『カバチ』

良かった。
障害がかなり大きかったので、"優しい"終わりでも物足りなくはないですね。

『CITY』

前回(まで)が「無声映画」なら、今回は「音楽」かな?


スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:本・雑誌
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック