東京V等サッカー、漫画、アイドル、女子バレー 他
今号のイブニング(’18.11.13) & 今週のモーニング(’18.11.15)
2018年11月16日 (金) | 編集 |
eve181113



『Op -オプ- 夜明至の色のない日々』

コミックDAYSから紙に戻してかつアフタヌーンも買うつもりで出費も増えるので、戒め(笑)がてらにイブニングはもういいかなとも思いましたが、これがあったか。
ていうかイブニングに何が載ってるという印象が、特に無いです。『少女ファイト』くらいか。あれも別に、好きじゃないし。
この作品の人間関係や人物描写はかなり好きなんですけど、"角"(かど)が立っているようで実は丸いので、段々八百長を見てるような気持ちにもなって来ました。"深い洞察"が"優しさ"に繋がり過ぎているというか。もう少し何か、緊迫感が欲しい。

『創世のタイガ』

今はむしろ、これが"看板"かも知れませんね。
あの(原始人の)女の子が出て来て以来、どうも真剣に見づらいところもあるんですが。
「歴史の修正」ないし「人類の進歩」の為にタイムスリップさせられたのかも知れないというテーマが、一応出て来ましたね。『戦国自衛隊』パターンですね(笑)、オリジナルの。



『ふたりソロキャンプ』

面白いのか面白くないのか、未だによく分からないけど読んでます。(笑)
まあ"キャンプ"漫画という全く個人的にそそらないテーマで"読め"てるんだから、ある程度は面白いんだろうと思いますが。(他人事?)

『あなたソレでいいんですか』

なんだこれもあったじゃないですか。
絶対看板にはならないタイプですけど。(笑)
関係無いですけど、この前見たエンタメーテレ『他人のSEXで生きてる人々』のドMAV女優座談会の回で、「電車で座っている時に前に立った男の●●をフェラしたくなる」ということが複数人の口から語られていて、妄想はお互い様だなと思いました。(笑)

『インハンド』

そしてこれだあ!
何だ面白いじゃないかイブニング。(笑)
どうもねえ、雑誌全体のイメージが。
(医学的な内容が)少し難しくて早くも前回の内容を忘れていますけど、まあその内理解出来るでしょう。(笑)

『少女ファイト』

"少女ファイト"というより"少女病棟"という感じ。悪いけど。
むしろ最初からカウンセラーものとしてでもやってくれた方が、分かり易そう。

『めしにしましょう』

グルメものでも"甘味"回は、あんまり乗りませんね。
僕も甘いものは好きですけど、結局"甘い"だけだろうという感じに、どうしても。



mor181115



『グラゼニ ~パ・リーグ編~』

恵ちゃんは面白いんですけど、なまじ生き生きしているだけにそれでどうなるというのが見えないというか予感出来ないので、どうも場当たり的な感じがします(ただの人気アップの為の新キャラ投入的な)。"老山アナ"の方は、がっちり作品内の地位が確立していると思うんですけど。
「子供は成長する」という問題があるからかな?つい"先"を考えてしまう。

『GIANT KILLING』

「ゴールシーンのないフットボールなんて時に退屈な映画よりも退屈だ」
全くそう思わないですけど。"全員が賛同してくれる"という前提で言っている感じが、またむかつく。
だいたいそのすぐ後に出て来るのは"観客が喜ぶかどうか"ではなくて「フットボールで勝つために必要なのは」という問題設定であって話がずれてるし、更に言えば"対置"して言われる「選手たちの一体感」が正にあれば、"ゴールシーン"は無くても試合は面白いんじゃないかと僕なんかは思います。
どんな意見を述べてもいいですけど、とにかく色々と雑なんですよこの"サッカー"漫画は。一般向けにしては"内輪"の言葉に満ち満ちているし、マニア向けにしては浅いし。

『会長島耕作』

先週に続いて実に低レベルな"天才"くんの描写で、編集者何とか言ってやれよという感じ。
こんな世間(ネット)知らずな"天才ハッカー"いるか?(笑)

『KILLER APE』

SAOなのかアンゴルモア元寇合戦記なのか、はっきりして欲しい。(笑)
合わせたつもりなのかもしれないけど、合わさってない。(笑)
絵的にも無理がある気がするし。
もう読まないかな。

『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』

実際のところ警察官のどれくらいが警察ドラマ好きなんでしょうね。(笑)
「探偵小説」に敵意を示すリアル警官みたいなのは、探偵小説ではよく出て来ますけど。

『ドラゴン桜2』

果たしてこれ(無駄な浮気を教えない)が、"正解"なのか。

『チェーザレ ~破壊の創造者~』

何と復活
当然誰が誰やら分かりませんが。(笑)
しかもよりによって、いっぱい出て来るエピソードで。(笑)
まあその内慣れるでしょう。

『きのう何食べた?』

今回の"料理"シーンの導入は、さすがに不自然だったと思います。
「それでは本日のレシピ」みたいな感じ。メモのご用意を。
あと卵をぶつけられたのではなくて、鳥のフンがついたのかと思ってました。(笑)

『イチケイのカラス』

いや、これほんとに実にいい、"裁判"プロセスの説明になっていると思います。
あとそれで思ったんですけど、こういう"裁判プロセスの観察"というのは、「論理性を養うテキスト」として学校で使えるんじゃないですかね。まあ、中学校あたり?
物事を俯瞰的に見る習練というか。

『テロール教授の怪しい授業』

ああ、なるほど、全部まとめて芝居か。
"芝居"の可能性自体は考えましたけど、ただそれは「パワハラ」「セクハラ」についての何らかロールプレイ的なものと、そっちの方かなと思ってました。


スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック