ヴェルディ、代表、二次元、女子バレー 他
今週のモーニング(’18.12.27)
2018年12月28日 (金) | 編集 |
mor181227



3回連続『今週の~』系更新ていい加減僕自身飽きますけど、たまたまそういうスケジュールになっちゃったんで許して下さい。(笑)
逆に書きてえ!ヴェルディのこと。


『GIANT KILLING』

PKの前に敵選手に話しかけるのって、ルール的には問題ないんでしたっけ。
"PK戦"じゃなければいいのか。"流れ"の中という感じで。

『グラゼニ ~パ・リーグ編~』

二軍ないし"ノンプロ"のホームランバッターって、半端に低いレベルに過剰適応しているので一軍では通用しないというのは、よくある話ですよね。
ピッチャーはよく分からないな確かに。例えば昔オリックスにいた星野とかヤクルトの尾花とか、遅い球を武器にする投手は、二軍相手に調整しても意味が無い気はしますが。("成績"はあてにらない)
ただ普通はやっぱり、球威があれば二軍には打たれないはずなので、二軍に打たれてる時点で駄目だということにはなるか。

『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』

へえ、面白いですね。
「右上を見ながら話す人」についての現場発の新説。
要はなるべく具体的に、言い換えれば"映像"的に考えようとしている時の仕草で、それが"シミュレーション"しながら「嘘」をつこうとしている人の行動と結果的に重なる部分が多いという事かな?

『個人差あり〼』

うわあ。
何というか、「男」だった意識が段々「女」化する「男」に性的意識を持つようになる、余り味わいたくないプロセスを、巧妙に味あわされつつある感じがします。
意外と策士というか、意地が悪いなこの作者。(笑)
素材と真面目に向き合ってるだけかな?(笑)

『ドラゴン桜2』

「科学」かどうかはともかく、何かと評判の悪い「筆者の気持ちを述べよ」問題って、ちゃんと答えが出るようになってるんですよ?"満点"だって取れますよ?
筆者の気持ちはともかく、少なくとも"出題者の気持ち"の方は、分かって当然というか読解出来てしかるべきだと思うんですが、そんなに難しいかな?(出来る側の言い分?)

『イチケイのカラス』

こういう「正直」な証言が、必ずしも有利に働かないのが法廷の辛いところというか悲しいところで。
逆にそれを補うものとして裁判員制度とかが機能してくれればいいなとは思いますが、甘いかな。
どうも"事実を無視しないように"というか"法律家のように裁くように"というプレッシャーの方が、今のところ強いように見えます何となくですが。そうしておかないと日本人は、どこまでも感情に流されてしまうのかも知れませんが。


スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック