ヴェルディ、代表、二次元、女子バレー 他
今週のモーニング(’19.2.7)
2019年02月07日 (木) | 編集 |
mor190207



『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』

色々面白かったけど、ポイントが散り過ぎていてコメントしづらい。
「公務執行妨害についての警察のメンツ意識」というのが、"情報"としては面白いですかね。

『GIANT KILLING』

UAE戦は全般的に、作者が"弱かった頃の日本"に抱いていた思いが、UAEに重ねて表現されている感じですね。

『グラゼニ ~パ・リーグ編~』

ほおお、"宣言"通りいきなり次のシーズンに飛ばした。やるね。(笑)

『ドラゴン桜2』

予想としては、"努力"のプロセスを機械化自動化、無意識化出来るのが"努力できる"脳で、常にまともに感じ過ぎてしまうのが"努力できない"脳という感じ。

『会長 島耕作』

地震大国な一方で安定した固い地盤もあるのか。

『高梨さんはライブに夢中』

言いたいことは分かるけど、なんかモラリスティックというか、あんまり"ロック"じゃない気がする。
"前向き""元気"がロックだと思っている人とは、多分分かり合えない。

『イチケイのカラス』

同人即売。(笑)
なんか次々色んな面が出て来る漫画で、逆に何で主人公があれなんだろうという感じ。
ていうか要る?あの主人公。(笑)

『KILLER APE』

"youtuber"のところだけ無視して読めば(笑)、やっぱりこの人は戦(争)を描くのが特別に上手い人ですね。

『カバチ!!! –カバチタレ!3–』

俄然話が"同情"寄りに。
今まで見た範囲での感想としては、問題は「相続者がどの程度責任を持つか」ではなくて、「何となくor知らない内に相続してしまうことがある」の方なのかなという感じ。
相続する時に一通りの説明を受ける機会が、必ず欲しいというか。


スポンサーサイト
テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック