国内外サッカー、アニメ、女子バレー、音楽 他
今週のモーニング(’21.8.5)& 今月のgood!アフタヌーン(’21.8月) その他
2021年08月05日 (木) | 編集 |
mo_2021_36-37



『ハコヅメ ~交番女子の逆襲~』

前回に続いてぐうの音も出ない警察内幕24時。今回は"駐在所の暮らし"編。
お仕事ご苦労様です、としかコメントしようのない感じ。(笑)
なるほどねえ、色々と。
・・・アニメ化はまあ、しゃあ一応見てみようかなとは思いますが、見た目はどうしても『逮捕しちゃうぞ』になりますね。(笑)

『GIANT KILLING』

giantkilling210805_1
giantkilling210805_2

この対比はなるほどなと思いました。
"積極的"とか言ってる内は、実はまだ他人事なんですよね、受け身というか。
"積極的なシュート"ってたいてい外した言い訳でしょ?(笑)
でも"喜び"は自分のもの。

『グラゼニ ~パ・リーグ編~』

とにかくパーシーに幸あれと。(笑)

『鑑定眼 もっとも高価な死に方』

主人公も犯人(?)も刑事もそれぞれ鋭くて、これは負け組ストーリーどころか頭脳戦漫画ですね。

『ダーウィンクラブ』

『ハコヅメ』を読んでると、今回主人公が後輩から与えられた乱暴な褒められ方に、リアリティを感じますね。(笑)
やはり知能の高いゴリラの集まりなんですね警察は。
野蛮の中の知性というか。

『そのモガリは熱を知らない』

展開早いですね。
ちょっと揺さぶりをかけに来るのかと思ったら、もう殺しにかかるの?

『相談役 島耕作』

(垣間見える)"人間としての弱さ"と"中国への情報漏れの可能性の無視"は別次元だと思うんですけど、もう許すモードに入ってるんですかね風花社長を。
最近根気無いからな弘兼さんも。年のせいで。(笑)

『上京生活録イチジョウ』

夜は魔法、朝日は残酷
分かるわあ。
"歩く"というシチュエーションが特別なのも分かる。

『カバチ!!! -カバチタレ!3-』

本格的に所長交代話が裏で持ち上がってるように、前回は見えましたが。
この"依頼"で巻き返すとか?



good!_2021_09




『図書館の大魔術師』

引き続き、ラストの「陰謀」の方にまで頭が回らないくらい読み応えのある、"表現規制"談義。
・・・ちなみに前回についてのツイート。



まあ今回語られていたのは、どちらかというと"フェイクニュース"(ファクト)の恐ろしさ防ぎ難さの方でしょうか。

tosyokann2108_1tosyokann2108_3

そしてその背後にある、「客観性」や「実証性」(科学)という概念の頼りなさ。

tosyokann2108_2

それに対してじゃあ僕はどうしてるかというと、一応根拠らしきものに当たりはするけど、最終的に根拠に頼らない、"根拠"の方が間違ってても悔いが無いような書き方をするという感じですね。(笑)
主導権はあくまで、"自分"の方にキープしておく。責任はというか。
"エビデンス"、ねえ。"心がけ"としては、間違ってないだろうけど。あと"保身"の手段としては。(笑)

まあ・・・大変ですよ。
"確か"なものを、求めようとすると。

『週末芸人』

いいっすねえ、"熱血""スポ根"の、ニュー・バージョンという感じもしないではないですが。
でもだいぶアダルト、だいぶリアル。
社会人の為のスポ根?(笑)
「仕事」論としても、面白そうですね。

『おとなりに銀河』

今月も快調にやばいですね。(笑)

otonariginnga2108_1otonariginnga2108_2


これはこれでまた面白いシーンですね。"好き"の"形"
ある意味これがテーマかも知れませんが。"好き"とは"恋愛"とは、何だ。その特定

otonariginnga2108_3


『うちの師匠はしっぽがない』

意外な展開。
本格落語漫画?それも国際的?
アニメ化も意外ですが。

『ムツタロウ王国』

うーわおもろ
どうやらある世代以降における「お笑い」の価値の定着は、本当に本格的なようですね。
かつての(日本における)ロック/バンドを、軽く越えて。
漫画としても、一つのジャンルになるのかなあ。
作中のネタがちゃんと面白いのも、もう当たり前になって来ましたね。



wsm210804wym210802



『僕たちの最短距離』

"ラブコメ5連発"自体は読む気がむしろ失せますが、これは面白かった。
とことん馬鹿げててかつ可愛い。十分連載化可能な設定/世界観に思えました。

『くすぐってぇてぇ!』

これもまあまあ。
"童貞妄想"の特権的爆発という感じで、持続性とか力量とかはよく分からなかったですけど、とりあえず楽しかったです。(笑)



『二度と自撮り送ってやんない!』

これも良さそうですね。
ただのオタク/コミュ障ではなく、「美術」(絵描き)という視点が一つ入ってるのが、馬鹿馬鹿しい中に1本を通している感じ。
一瞬"真面目"に聴いてしまいます。(笑)


スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック