ヴェルディ等サッカー、漫画、アイドル 他
ナ杯予選リーグ第1節 神戸戦
2003年03月09日 (日) | 編集 |
まあいくつか今後に向けて気になるポイントを列挙してみる。総評は特に要らないでしょう、蛙王さんも「考察」は書かないといっているし。

1.ロリは柳沢をどう考えてるのか。

2つの(無料)練習試合でほとんど一手にチャンスメイクを引き受けていた柳沢を外していきなりハユマを使ったのは驚いた。ハヤマの出来については今回は問えないけど、最後の交代枠でやっと登場した柳沢が余りにもあからさまに好調さと有効性、及びエムボマとの相性の良さを見せ付けたことで、今後の起用法がどうなるのか。
ハユマがいい選手なのもロリがハユマを買っているのも分かるが、次また純粋なテスト以外の意味合いでハユマの方を使って柳沢をベンチに追いやったりしたらかなり納得が行かない。選手の入れ替えのスムーズさ、公平さはロリの大きな売りだっただけに・・・・。

で、これは何となくなのだが特に故障の話も聞かない佐野に対する冷遇と併せて考えると、柳沢や佐野のようなピンポイントの速いタイミングでスペースを突く動きというのが今のロリの頭の中にあるサッカーのイメージに含まれていないのかなという感じが少ししている。
現実問題としてはハユマが機能し出して、一種のスーパーサブのような形で柳沢が後に控えるようになったらチームとしては大変な武器になるだろう。即効性という点では柳沢の方が期待出来るし、一方で4バックの元での90分のペース配分や守備の誤魔化しの利かせ方という点では、確かにアドバンテージはハユマの方にあるとは思うし。ただそれにしても過程に納得感を持たせることは大事だと思う。

2.左サイドバック

鈴木健太郎は悪い選手ではないが、1対1の対処、攻撃参加時のプレイの選択、共にいかにもまだJ2モードでアバウトな感じがする。ちょうど去年の入団当初のナリタのよう。それと右のハユマとタイプが似すぎているのも気になる。ハユマの対岸に置くなら例えばより堅実なタイプか、あるいは同じ攻撃参加するにしても違うタイミングを持った選手が望ましいと思う。自分で持ちこむのではなくスペースを狙う柳沢とか、球離れが良くて逆サイドへの展開の意識も高い羽山とか。
まあ基本的にこのポジションは平野も含めて誰を使っても能力的にはそんなには変わらないと思う。あとは考え方。

3.エムボマのパートナー

今日の平本はそんなに悪くなかったと思う。そういう指示があったのかどうか役割がポストとシュートに単純化されたような格好で、エンドレス迷走ドリブルも余り顔を出さなかったし、終始高めで踏ん張ってフリーに動きたいエムボマとのプレイエリアの分担も練習試合に比べてだいぶスムーズになっていたと思う。鈴木健太郎の上がりを巧く引き出していたのも評価ポイント。少なくとも戦術的にはそれなりに形は見えていた気がした。
代わった飯尾も可能性は感じさせた。こちらは何と言ってもエムボマの多彩な落とし、配球に対する反応の良さが売り。特に有効なプレーは無かったが、見てるだけで様々なイメージが湧いてきて楽しかった。体の切れは思ったより良かったがまだ細かい間合いの勘が戻っていない印象で、本来は得意技であるサイドに流れてポイントを作るプレーで結果的にことこどくボールを失っていた。そこからのプレーでエムボマにチャンスをプレゼント出来るようになればかなり魅力的なコンビだと思う。

どちらをとるか、これも考え方。前半平本、後半飯尾というのがパターンとしては分かりやすいが・・・・。


スポンサーサイト



テーマ:Jリーグ
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック