ヴェルディ等サッカー、漫画、アイドル 他
今週のモーニング(’23.2.2) & 今月のBELOVE(’23.2月) 他
2023年02月04日 (土) | 編集 |
mo_2023_10



『平和の国の島崎へ』

島崎が戦場に復帰するまで278日
戻るのか。結局戻るのか。
島崎の"本意"が確認出来たことで、今更ながら気になるようになったこの記述。

『昭和のグラゼニ』

あれ、結局ヤクルトに入ったんでしたっけ。
一回飛んだかなと思うくらいに、前回の最後を覚えていない。
"契約金"の(残)額については、本人恐縮するけど田舎の牛乳屋にとっては有り余るほどの大金だったという"ギャップ"かと思ったら違いました。(笑)
当時の金銭感覚はちょっと僕にも分からない。一応"昭和"生まれではあるけれど。(笑)

『アンメット -ある脳外科医の日記-』

片頭痛(の正体)は全然知らなかったです。
運動して血行が良くなるとかえって出るというのは、お気の毒。
そして確かにそうしたことは、全くと言っていいほど知られてないですし。
僕の喘息とかは、しばしば必要以上に心配してもらえて、そういう意味ではありがたい。

『テレワァク与太話』

主人公がここまで不器用じゃなかったら、定期的に"エロ漫画"に接近している感もある作品。(笑)
泉さん邪悪。(笑)
めちゃくちゃ楽しんでるでしょ。(笑)

『望郷太郎』

今日も今日とて"悪行"三昧の太郎。(という"古代"人の観察)
「選挙の時だけ力を借りる」って、そうはいかない例が山と積まれている筈ですが。

『イクサガミ』

作品の全体イメージが見えないまま、ただただ続くバトル。
そろそろ何というか、何というか。



wym230130wsm230201



『サツドウ』

"敵"全国の格闘家なのか。ふむ。
ただそのためだけのストーリーとは思えないところも。

『白地図のライゼンデ』

魔術への好奇心をぐいぐいとむき出しにする主人公。
ちょいちょい意表を突かれますが、主人公奴隷育ちの割に怖いもの知らずというか、楽天家ですよね。神経切れてる系。(笑)

『彼女のエレジー』

新連載。
いや、面白いぞ。
ありそうでなかったタイプの"お笑い"漫画というか。
笑いの"面白さ"についての自問自答。"風景"としてのコンビの喧々諤々とかではなくて。
何となくですが今正に猛威を振るっているお笑い"ブーム"が、物心ついた時にはあった世代でそれゆえの醒め方というか客観視があるような感じ。
そしてこれもまたヤンマガ感が無い。
『白地図のライゼンデ』と並べると、編集部の入れ替えがあったのかな感が。(あるいは単にwebの窓口からの作品流入か)

『税金で買った本』

主人公の特異キャラを借りてはいますが、単に作者自身の"新聞親父"たちへの日頃の悪感情が出ている感じ。(笑)



『はじめの一歩』

"到達者"

ippo230201

"トリッキー"で"戦略"的にチャンピオンに一泡吹かせるだけのキャラだと思っていたら、圧倒的なキャリアの差をすっ飛ばして同じ地平に立つことになるとは。
感動的であり、予想外であり、それは作者自身にとってもなんじゃないかなと。
どう見ても"露払い"キャラですからね、日本人挑戦者たちの。
そして結局負けるのかなとは。これだけ盛り上げたからには逆に。



belove_2302



『ハコニワノイエ』

もっとヒロインの変人ぶりをフィーチャーする展開かなと思いましたが、意外に急ピッチで"更生"の道を。それが作品としていいのか悪いのか。
一方で

hakoniwa_2302

これはまた極端な。
学校で学んだ分しか、(人の気持ちは)分からないという言い分。
むしろその為に、自分のサバイバルの為に、彼女は心理学を学んだようですね。
早速"研究"を始める彼女の"行動力"と率直さは凄いという言い方も出来なくはないでしょうが、どちらかというとやはり空気の読めなさというか想像力(応用力)の欠如という、自閉症スペクトラムっぽい「症状」には見えます。

『吉原ボーイズとモラルガール! ~フラれまくったアラサーが逆転吉原で女子の幸せお手伝いします。~』

新連載。
一種の"異世界転生"ものですが、今流行っている少年フィクション系無邪気な馬鹿馬鹿しさと比べると、女性文脈のはどうも生々しくて辛い気がします。(笑)
それも含めて、読む気は無いです。

『たちつて東大』

"東大"というテーマが霞んでしまいかねないほどの、不可能ミッションの嵐に見えます。
むしろ"金はないけど勉強する方法"的な展開の方が、面白そうには見えますが多分体験ベースの話なんでしょうね。事実ベースというか。

『サレ妻シタ夫の恋人たち』

"浮気相手"の方のエピソードすら切ないというか、「女」の地獄という感じでどんだけーという。(笑)
つくづく"怖い"作品。
最早とっくに止めようが無いヒロインとの、"対決"はいずれ実現するんでしょうか。
生きる死ぬの話になる未来しか見えないんですが。(笑)


スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック