東京V等サッカー、漫画、アニメ、アイドル 他
弱いものいじめならウチに任せろ?!
2004年12月20日 (月) | 編集 |
天皇杯準々決勝。

ザスパさんの方も縦パスを出すタイミングとかヘッドでの競り方とか(ウチ負けまくりじゃん・・・・)はいかにもよく訓練されている感じで、普段の試合では早めの縦パスを大きくヘッドで逸らしてそこに何人かが飛びこむというのが黄金パターンだったりするのかなというのが何となく想像出来ましたが(違うかな?)、この試合に関しては基本的な1対1のレベル差があり過ぎてそういうのが全て小技にしか見えないというかそんな感じの試合でした。

レベル差というのは文字通りのレベル差というのと、想定している水準が甘くて温くて、そのせいか立ち遅れた挙句にやたら手を使うんで軽くムカつきましたが。痛いってば。
ただ試合後のインタビューではお決まりのように「J1勢と戦ってどういうところに差を感じましたか」という質問が浴びせられていましたが、実際にはたまたまJFLのチームにいるだけで十分に上での経験を積んでいるメンバーばかりなので(こんなところにいたか酒井良)、なんかちょっと型通り過ぎて失礼な感じがしました。レベルは知ってるんだよ、しばらく離れていてせいでなまっていただけで。ポッと出じゃあねえ。

ウチは・・・・どうだったんでしょう。平本を筆頭にやたら楽しそうなのはよく分かりましたが(笑)。ヴェルディ・ユースの同窓会みたいな雰囲気。ま、悪いことじゃないけど。
いつのまにか林がちゃっかり中盤の底に腰を据えてるので、むむ、’03版オジー・ヴェルディの再現か?コバで作ったチームをまた林で落ち着かせるのか?、ひょっとしてオジーは常に長期的にそういう組み立てでチームを作ってるのか?と余裕の試合展開で暇になった脳味噌があらぬ拡大解釈をめぐらせてましたが、「もっと速くパスを回せ」というハーフタイムの指示、ヨネを外してまで林をDFラインに戻すその後の選手交代からすると、必ずしもセーフティ/スローダウン路線にまとめに入ってるわけではないらしい。

実際にはむしろポゼッションモードに入った時の不安定さがこの試合に関しては問題だったように思いましたし。意思疎通&必然性の無いところでやたらダイレクトプレーをするのはどうも。崩しにかかってる時はいいんですけど。
解説の川勝さんなんかは落ち着くことよりむしろ手を緩めず攻め続けろという角度で注文をつけてましたが、まあそっちの考え方もあるかも。チームの完成像をどう描くかということですよね。2,3年前までのジュビロ磐田みたいなイメージならそういう話になる。実際一つの有力なモデルだとは思います、今のチームの路線からすると。

ただこと「試合運び」ということに関してここ1年オジーが言っているのは、ほとんど「いかにカウンターを仕掛ける立場になるか(仕掛けられる立場にならないか)」という1点のみなので、そこからすると立ち上がりからハイテンションで行って先に一発かまして、その後はスローダウンして虎視眈々カウンターを窺うというようなスタイルを目指している可能性が高い。・・・・ああ、要するにアルゼンチン代表か、母国の。自分で思い付いて自分で納得してしまった。それ臭い。

とにかくここまで来たら大黒のいないガンバなんて蹴散らして、ちょっと(だいぶ)怖いけど決勝でレッズに挑戦してみたいですね。あちらとは別の意味でナビスコのリベンジ。


スポンサーサイト



テーマ:Jリーグ
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック