東京V等サッカー、漫画、アニメ、アイドル 他
天皇杯準決勝G大阪戦
2004年12月26日 (日) | 編集 |
柄にもなく朝からソワソワしたりしてましたが。
そのソワソワは、あえて言えばJの1,2年目あたりはほぼ毎試合感じていた覚えのあるもので、スカパーには悪いけどやはり地上波全国生中継の”イベント”感というのは格別のものだということ。ま、古いんでしょうね僕の感覚は。

さて試合。展開的にもムード的にも、準決勝まで来てほとんど楽勝といっていいほどのものだったと思いますが、オジーも言っているように格別出来が良かったようには思いません。そんな大したプレーはしていない。
でも今のヴェルディには不思議な明るさ、前向きさ、そして仲の良さ(笑)があって、大したことのないプレーを大したことにしてしまう、あっさり成功させてしまう変な力がある。自分がやっているプレーにとても能動的・主体的に取り組めているので、ちょっとの隙や相手の消極性を見逃さずに常に半テンポくらい速く思い切り良く突く事が出来るので、確率イーヴンならほとんど勝てる。増して相手のガンバはシステム変更に戸惑っていたらしいし・・・・。

↓の松井発掘の旅(?)で改めて選手名鑑を眺めていて認識したんですが、今のヴェルディのチーム編成は単純明快、GKと外国人を除けばユース上がり組(戸川、富澤、一柳、根占、小野、柳沢、相馬、玉乃、平本、飯尾、森本)と李国秀縁故組(米山、林、小林慶、小林大悟、山田、平野、桜井)に完全に二分されていて、後は今年限りらしい三浦アツと半外国人(笑)広山と。なかなか例の無い編成なんじゃないでしょうか。

それぞれのグループの結束力があるのは勿論ですが、二派の関係も共通性と相補性がイイ感じで。ボールテクニックやパスサッカー指向は共通で、かつ年齢的にも若いユース組にはスピードや思い切りの良さ、李組には全体視野や犠牲精神に特徴のある選手が多い。枝と幹というか。そして両者を接着する林健太郎と小林慶行という2大ゲームメーカーの存在。まとまらなきゃ嘘ですね。かつての必要とあらば喧嘩も辞さずの個性派軍団とは少し趣が違いますが、単に戦術的一貫性というのとはまた別の、人間の集団としての力が育って来ているような気がします。

まあこんなことが言えるのも勝ってるからなんですが。勝って行く内に潜在していた長所が浮かび上がって来たというか。
現監督アルディレスが就任してから2年弱、続投も早々に決定してようやく方向性も定まって来て、紆余曲折偶然必然積み重なって今この瞬間かなりいいサイクルの中にいるように思います。ナビスコの時はタイトルなんて早いとか言ってましたが、2ヶ月経って今ならば。・・・・って、これだけ煽ったんだから元旦勝って下さいね(笑)。僕に恥を掻かせないように。

ま、話戻りますが力はまだまだ大したことないです。軽量級です。ただその軽さが良い方に出る傾向にあるというだけで。
もう一つの準決勝を見ていると、正直浦和の一年分の執念と赤い大観衆の圧力を前にしたらどうだったかな、芽生えたばかりの自信は持ち堪えられたかなという疑念は湧きましたが、再建途上の磐田なら・・・・って、ちょっと失礼ですか(笑)。ただ試合にはなりやすい方の相手が来てくれたのは間違いないでしょう。ああ、久しぶりにマジで勝ちたいです。


スポンサーサイト



テーマ:Jリーグ
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック