東京V等サッカー、漫画、アニメ、アイドル 他
I Wish You Were Here ,石塚啓次。
2005年01月01日 (土) | 編集 |
あなたにもこの場にいて欲しかった。石塚。(多分ナンカちょっと微妙に英語違う。)

1点先制しただけでやけに気が早く走馬灯モードに入って。コバ涙の退場(プレーし続けたかったろうなあ、分かるよ)という緊急事態にも、気が引き締まるどころかますます内面への沈潜が深くなって。そこで頭をよぎるのはなぜかこの場にいない石塚のことばかり。緑のユニフォームを着てプレーする石塚を見ることが出来ないという無念のことばかり。

後半2-1と追いすがられた時はさすがにやばいやばい、ますば勝たんと話にならない、ここで勝たずにいつ勝つよと尻を持ち上げて現実に引き戻されましたが、無事90分間を終えてキャプテンやまたくの感激の表情を目にすると再び思いは石塚啓次、と李国秀のあのチームに。
・・・・そう、Jリーグでも異例なほどに主力選手の出入りの少なかったここ最近のヴェルディにおいて、どのみち年齢的に無理な北澤&本並さんを別にすればあのチームの主力メンバーで結果的にこの場に欠けているのはほぼ石塚だけなわけで。李国秀自身も勿論今はいないし、あれからヴェルディにも色々なことが起きて必ずしも今回タイトルを勝ち取ったオジーのチームがあのチームの単純な延長線上にあるわけではないけど、でも気が付けば一度完全にメルトダウンしかかったチームを今に至るまで支え続けてきたのは間違いなく”李の血脈”なわけで。

だから、やっぱり、残念だなと。ただ単純に。彼にもいて欲しかったなと。林健太郎を筆頭に、山田卓也、小林慶行、米山篤志といった李の遺産を実に巧みに、喜びを持って使いこなせるオジーなだけに。

優勝おめでとう。こんな嬉しいとは思わなかった。表彰式の間中一人でテレビの前で泣き続けるという、あまりに分かりやすいリアクションをとっている自分に驚いてしまいましたよ(笑)。こんなチームを見捨てないでいてくれてありがとう、李の選手たち。ていうか、君たちのチームだなこれは。緑の血の小僧たちもよくやってくれた。これからもよろしく。

(天皇杯決勝戦 東京ヴェルディ1969 ○2-1● ジュビロ磐田  ’05.1.1於国立競技場)


スポンサーサイト



テーマ:Jリーグ
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック