ヴェルディ、代表、二次元、女子バレー 他
AA杯エジプト代表戦
2007年10月18日 (木) | 編集 |
よう分からんな。強いのか弱いのか。どのように強いのかどのように弱いのか。

アジア/アフリカチャレンジ杯 日本代表 ○4-1● エジプト代表(長居)

U-22戦(の録画)をまだ見てないので、スポナビの上画面を手で隠しながら、必死にデータURL↑を入手。(笑)


エジプトはそれなりのレベルのよく訓練されたちゃんとサッカーをやって来るチームで、ただモチベーション、コンディション含めて、全てが余りにも程々なので、ありていに言って”手頃なスパーリングパートナー”みたいな感はなきにしもあらず。
AA杯と言えば伝統的に「W杯予選の壮行試合」なわけで、そういう意味では相応しいのかもしれないですけど、それにしてはちょっと間が空き過ぎてますね。(笑)

ともかく元々オシムジャパン自体がケツの軽いチームなのと合わせて、別に低レベルなわけでもないですが今時国際試合では珍しいくらい”オープン”な試合に。エジプトの決定機のいくつかが決まっていれば、もっと更に華やかなスコアにもなっていたでしょう。(笑)

・・・・ちょっとこの近年ほぼ安定して”アラブ系最強国”であるチームを見てて思ってしまったのは、西アジアの我らがお仲間たちが揃って(イラクは別か)十年一日の引きこもり盗っ人サッカーをやっていなかった場合、こんな風に存外に与し易い相手なのかなと。
あるいは似たようなレベルのヨーロッパの中堅国(それこそこの前のオーストリアとか)とやった時に比べて、何かこの本質的な怖さ不足はなんなんだろうという。

まあひどく感覚的な話ですけど。でもシュートの外し方の気前の良さというか、持っている技術の試合への反映度の効率の悪さとか。サッカーに対する”執念”の違いかなという。


オシムジャパンの方はどうかというと・・・・うむ。前の試合の感想として、「オシムのチーム作りはほぼ完了しているのではないか」という意味のことを書きましたが、どちらかというとその直観を裏打ちするような試合に思いました。
このスコアですからこの試合についてはそれはポジティヴなものにとれるんでしょうけどね。随所にダイレクトパスとタイミングの良い追い越しプレーをからめた、融通無碍のアタッキングサッカー。少なくともオープンな試合なら、これくらいのことが出来ますよという。

ディテールで言うと、やはり、俊輔がいないことによって(笑)、スピード感はだいぶ増しますね。
まあそもそもなんで入れてたのかよく分からないというか、ブータラマスコミに文句言ってた割りには、行動としてはやけに積極的に俊輔ありきのチーム作りにここしばらく励んでいたように見えますが。どのくらいのスパンを視野に入れていた実験なのかあれは。
結果的に言うと俊輔に注目が集中する隙に(笑)、立ち上げ当初はどちらか言えばこちらも足を引っ張っていた感のあった遠藤が、すっかりひと皮半(?)くらい剥けて、「申し子」的働きをするように成長しましたけどね。恐るべき深謀遠慮?!

とにかく「完成」感、ある種落ち着いている印象の強いチームに思います。後はパーツとしての選手の付け替えと、時々刻々の状況への対処があるだけという。
もう年明け2月にはW杯予選が始まるわけで、そういう意味ではちょうどいいという話ですけど、ただ別に逆算してきっちりやっているとか、タイムリミットで”断念”したり”妥協”したりてまとめにかかったとか、そういう感じも殊更しないんですよね。やろうと思っていたことをやったら、だいたいこんな進行状況になったという。

勿論日本人選手の能力的に”断念”している部分は少なからずあるでしょうが、それはまあ、分かっていたはずのことで。意図的変化があったとすればやはり俊輔モードというか、中盤ポゼッション的なニュアンスのものに移行したあの時期で、それはジーコも含めたある意味での従来的な日本サッカー(の一面)へ擦り寄ったみたいなところもあって、だから未だに初期型のジェフベースのイケイケのラインに未練を示す人もいるようですが。(僕も少し)
まあ実際には気候次第という面も大きいのかもしれませんけどね。今後の具体的なアジア予選の戦いを考えても。なんかグルグル回ってるな。(笑)

後は、そう、”オシムのサッカー”を理解・実行出来る(一応ね)選手の数が徐々に増えて、その中でのクラッキ系の割合が増えるにつれて、ニュアンスが変わって来たとか。
・・・・んーと、何ゴチャゴチャ言ってるかというと。
例えば加茂やトルシエみたいなのと比べると、あえて並べますがジーコもオシムも、やはりサッカー強国の「名士」の監督のサッカーだよなという。それを感じているということで。このチームの「完成」「落ち着き」感に。フランスも強国は強国ですが、トルシエはアフリカ人ですから(笑)。(もしくはマイナー系コスモポリタン)

つまり基本的に「上から」、または「自分主導」でチーム/サッカーを捉えている。”チャレンジ”や”一発狙い”ではなくて、「基本型」をどっしり据えてそれを運用するだけという。広義の『ポゼッション』であるというスタイル的な問題は当然あるでしょうが、何かそれ以上に落ち着こう落ち着こうという陰のベクトルを感じます。戦術というより精神としてね。
ジェフのオシムのエキセントリック感は、ジェフの戦力の絶対的な劣勢から来ていたのかなという(笑)。さすがのオシムもアンダードッグサッカーにならざるを得なかった。

ともかくまあ、それはそれでその人の個性でいいんですが、問題はそのある面予定調和的な「落ち着き」が、アジアで見下ろして安全確実に戦えるレベルの内容なのか、あるいは格上のおいそれと落ち着いてられない(笑)相手とのいずれ来る(はずの)真剣勝負において、うまくそれ用にアジャスト出来るのかということですが。
いや、出来ないと言っているわけではないですよ。特に後者についてはここまである程度の実績もあるわけですし。ただ現状の延長で、駄目だった時なんかやだなと。行くところまで行って「落ち着いて」るわけじゃないので、もっとチャレンジして狙って掘り起こして、何か出来たことがあったんじゃないかなと。これは必然的な(つまりもう他にやりようのない)「完成」なのかと。

・・・・ちょっと個人的感覚過ぎますね。ちんぷんかんぷんな人ごめんなさい。
ちなみにトルシエが一番良かったのは、互角以”下”の相手に捨て身のハイテンションサッカーをやった時でしたね。具体的にはシドニー予選と’00アジア杯。まあ”捨て身”とは言っても成算はあったわけですけど、その場合。ただ姿勢としては。
で、”チャレンジ”なんだけど互角以”上”の相手にはそうでもなかった。変なチーム。強いて言えばWユースは”チャレンジ”が成功した例かな。ただ個人技術的には一部優位でしたけど。


まああれですよね。例えばヨーロッパや南米の強豪国の場合、よほどの不成績の後でも無ければ、基本的には決まり切ったサッカーを人を変え運用を変えながら延々やっていて。勝ち負けに感情移入するその国のサポや、よっぽど学術的に見ている一部高踏的なファン以外(つまり僕)にとっては、実はそんなに面白いものでもないように思うんですけどね。”世界”の目くらましが消えれば、割りとすぐ興味を失う。
その点日本代表は毎回、「今度はどんなことをやらかすんだろう」という変な楽しみ(笑)がこれまではあった。模索期でしたし。

オシムは意図的にか結果的にか、そこに「日常」感覚を持ち込んでいるように思います。違う常識の移植というか。内容というよりニュアンスとして。
成功するのかどうか、またオシムの「内容」が「日常」の形成に相応しいのかどうか、今の時点では分かりませんが。そもそも日本は”強豪”なのかどうか。アジアではそうでしょうけど世界では違う。そこらへんが難しい。

ああ、まとまらないと長えや。「思いついた時に書いておく」というスタイルなので勘弁を。(笑)
前田はいい選手ですが、同じ舞台で高原や大久保と比べると、シュートに対する真剣味がいかにもJリーガー仕様ですね。大久保は「スペインの経験」というより、生まれ持った「本能の開花」でしょうけど。高原と大久保、かつてジーコ時代に川淵キャプテンの「これで決定だ」という”お墨付き”をもらった挙げ句、どこかに消えちゃった「黄金コンビ」ですが、互いが成長して”再会”とかなったら少し楽しいですね。

しかしこの気候この日程、この試合展開で、少しバテ過ぎな気もしますが。そこらへんはちょっと先行き不安。
「落ち着いて」いると言っても、運動量が少ないわけではないんですよね全然。負担自体は十分にかかっている。水鳥の水面下かという。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
◆俺も分からんなってきた よう分からんな。強いのか弱いのか。どのように強いのかどのように弱いのか。  ステレオタイプなイメージとは一線を画してきたオシムジャパンだが、 漠然としたものであっても何となくイメージ・スタイルは伝わってきた。 ジェフ千...
2007/10/23(Tue) 02:47:21 |  眞鍋カヲリを夢見て