ヴェルディ、代表、漫画、アニメ、女子バレー 他
”フッキレス”2試合、展望(?)
2007年11月12日 (月) | 編集 |
承前。(末尾)
「トップ下は置いておけ」、というテーマでしたが。

とりあえず「予想」としては、
 本命:普通にフッキのところにシウバを入れて、4-4-1-1継続。
 対抗:同じくフッキのところに船越を入れて(以下同文)。
 穴:シウバと誰かで2トップを組ませての、3-5-2回帰。
 大穴:ディエゴ2列目、シウバトップの4-2-2-2復古。(&その他4バック系)
という感じですかね。”2週間空く”というのが微妙。
色々考える余地があるというのと、練りに練った4-4-1-1を導き出したように、今の首脳陣は結構考えるというのと。

『本命』はすぐに試合なら、まずこうなるでしょうね。シウバが即ちフッキの代わりになれるとは勿論誰も思わないでしょうが、スピードFWではありますから別なニュアンスで”カウンタースタイル”という継続性は、ある程度自然に取れますし。
ただどう考えてもテンション上がり気味になる残り2試合で、具体的に次の相手である愛媛相手に、今更改めてカウンターという構えがちゃんと固められるのかなというのと、実際のところの破壊力がどうかというのと。よっぽどきれいにカウンターの形にでもならないと。・・・・ただしこの場合は「継続性」そのものがメインテーマなので、まず慌てずこれまでのようにやる、それでフッキの時のようには点を取れないとしても、落ち着いて試合を進める中でどこかで何とかするという、そういう割り切りですね。それこそセットプレー一発で1-0でもという。

『対抗』は基本的な形は維持しつつも、よりある意味では攻撃的/自力のニュアンス。普通の3トップっぽいというか。上で言った前がかりの気持ち(止められまい)と、少なくとも愛媛相手ならこっちの方が自然かも。
それと船越ということで確かにカウンターのニュアンスは減るんですが、一方でここんとこフッキが果たしていた「攻撃の起点」「ボールの収め所」という役割は、逆にこっちの方が引き継げるかなと。船越の絶対クオリティは今更問わないとして。(笑)
”サイドハーフとしてのシウバ”という、実は意外な勘どころかもしれないカードを維持出来るのも、地味に利点かもしれないと思います。

・・・・これら『本命』『対抗』に共通しているのは”継続”ということですが、これは即ち継続が可能である、そして継続する価値がある機能性をこれからも維持可能であるという前提があるわけです。
ただこの点に関しては僕はここ3試合を見ていてかなり疑問がある、ということを既に書きました。
別に誰が悪い、という話ではないんですが、いずれ1つのやり方には寿命があるわけですよね。増しでフッキのような特殊な選手の存在を前提としたやり方ですし。
現象としても、既に「同じことをやっているようでどうしても同じように出来ない」という状態が出現しているように僕には見えるので、こだわるよりすっぱり別のやり方に目を向ける方がむしろ見込みがあるかなと僕は思ってるんですが。残り2試合とはいえ。

まあ余計なことをしないで運を天に任せるという考えも、十分ありだとは思いますけどね。
上の2つの選択からすると、「変えてないようで(自力に)変えてる」「受け継いでいないようで(起点を)受け継いでいる」という妙味があるという点で、僕は後者の方を奨めますかね。


次に『穴』ですが。
これはポイントとしては(1)4-4-1-1の次に慣れ親しんだ無難なシステムである(2)”フッキはもういない”ということを直視して、「2トップ」に舵を切るというあたりが採用理由として考えられるかと。正直”FW”としてのシウバは未知数で、本当の軸は廣山になるのかも知れないですけど、ちょっと夢が無い(笑)のでこういうアピールの仕方を。
どのみちFWの組み合わせでかなりニュアンスは変わりますね。トップ下のディエゴへの信頼感が盤石な昨今では、同じ試すならこっちの方が潰しは利くかも。

プレッシングと全体守備(の連携)に不安を感じている僕の立場からすると、別に4ハックアレルギー再発というわけではないですが(笑)、一般論としてもこっちの方が守備面での安心感はあります。同じく「運を天に任せる」(↑)のなら、こっちでサイコロを振った方が振り甲斐はありますかね。出た目に諦めがつくというか。


さて問題の(?)『大穴』。”復古”とか書いてますが一応ちゃんとして理屈立ても可能で、つまり(1)中盤までの形は継続する(2)しかしフッキ脱落の攻撃の梃子入れの為に、FWは2枚に変える。・・・・その結果としての形が、あら懐かしやのボックス4-4-2になるというわけ。

既に述べたように僕はトップ下必須だと思ってますから、結論としては反対なわけです、というか怖いです。ただディエゴも開幕当初のディエゴではないですから、もっとずっと上手くやる可能性は無いとは言えない。(そうそう、菅原もいますし)
どのみち2つの4-4-1-1以上に、遥かにヴェルディの守備の基本的な機能性が維持されていることが前提となるわけで、そういう意味でも僕は怖い。わざわざ取り上げるのはやりそうな気が少ししているからですが。2週間あるとね。今更休養でもないでしょうし。

他にもダイヤモンドとか4-3-1-2とかも過去の例ではありますが、まあ無いかなと。前者はあからさまにリスキーですし、後者を今更やるくらいならやっぱり4-4-1-1やるでしょうし。


尚これら全ての常識的な範囲の(と思っている)想定全てにおいて、「ディエゴのFW起用」という可能性がまとめて抜けてますが、将来(来年)的にはともかく今年は無いかなと思いますが。戦術的には色々と可能性のあるオプションだと思いますけどね。

一応今年の問題として考えてみると、まず『対抗』案において、今更船越に期待するくらいならディエゴを回して、空いた所に売り出し中の柴崎(or永井)を据えるくらいはあってもそれほどおかしくはないかも知れません。
同じことは『穴』案でもそのまま考えられますね。ボランチが他にいれば大野トップ下もありなんでしょうが、そっちはどうかな。

『大穴』案で言うならば、ディエゴトップ、左MF佐藤悠介というのは、最近(でもないけど)の佐藤の良くも悪くもサイド専的なプレイからは面白そう。本質的には。
でもまあ、ほとんどいちからチームを作るような話になっちゃいますからね。


他に何かある程度の現実性を持ったいい案ありますかね。とにかくあんじょう上手くやって欲しいです。現状をちゃんと把握して。練習試合くらいやるんでしょうね、間に。

別にシステムいじりがしたかったわけではないんですけどね。ただそろそろ”やるだけ”論も寿命(笑)かなと、もしチームがそうなら。選手は必死にやってくれればそれでいいですけど。
いずれにしても頭を使う立場の人はとにかく先手先手と、非情に頭を使って欲しいなという、そういう今の気持ち。(の優先順位)


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
愛媛とうちという対戦になると
どうしてもうちが持つ形が多くなりますから
シウバの1トップですと、シウバが前を向く
スペースがないのかなとも思います。

愛媛でしたら、ある程度彼と広山のスピードでコーナーを取ることを可能でしょうしそれを船越に合わせて…。しかしそんなに船越に期待は出来ませんが。萩村と最近下降気味の服部の復調が望まれます。

ディエゴのトップは見てみたいです。彼が一番チームでポストがうまいのは明らかですし。
しかしそうすると彼にパスをする人が居ない。

柴崎は最近ベンチ入りしているところをみると
大野と同じタイプだとラモスは思っているような
気もするので、下降気味の大野のリフレッシュも兼ねて、大野トップ下、柴崎ボランチもやってくるかもしれませんが。

ただ柴崎の力は未知数ですので、現実的な所ではディエゴに全てを託すなら、飯尾がトップのディエゴがトップ下が妥当なのかなと言う気はします。(船越とディエゴは足元の技術の差が…)

なんかあれこれ考えると、平本とゼ・ルイスの存在がここに来てでかい事に気づきました。
一試合だけでも…とか考えてしまいます。

長文失礼しました。
2007/11/13(Tue) 10:56 | URL  | tatsu #-[ 編集]
スペースがあろうがなかろうがとにかく維持!継続!揺らがない!腹括る!というのが、特に『本命』の場合の肝なんでしょうけどね(笑)。フッキの時は、相手関係とかはいっさい気にしてませんでしたし。
結局はまだ”好調”なのか、その状態を基準に見ていいのかという判断の問題になると思いますが。3-5-2から4-4-1-1の切り替えの時は、それほど決定的な不調に陥る前に敢行しましたよね。
何にせよ、悔いの残らないよう、はっきりした意思の感じる選択を見せて欲しいです。

>下降気味の大野

多分大野自身の調子というより、チーム状態なんだと思うんですよね。巧妙なバランスで上手く行っているチームの「中継役」として機能していただけで、彼自身がそれほど能動的にいいプレーを発信していたとは、過去の(ボランチでの)プレーを見ても思えませんし。
そういう意味でも、ボックスとかになるとかなり不安はあります。所詮本職ではない。柴崎がボランチ出来れば、相当融通利くようにはなりますね。

ゼ・ルイスクラスの穴は仕方ないものと諦めるとしても、平本の(穴の)方には未練があります(笑)。贅沢は言わない、”普通の”FWがもう一人いてくれれば。シウバもよく分からないし。

飯尾ですか。よっぽど実効性を練習試合ででも見せてくれないと、印象点/雰囲気的に不安です。(笑)
船越が(結果として)受け切れなくてもフォローは出来ますが、飯尾に当てる「気」にみんながなれないと、プレー自体が進まないですから。

どうなるんでしょうねえ。
2007/11/14(Wed) 00:58 | URL  | アト #/HoiMy2E[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
と言っても星勘定ではありません。どのみちお休み中の次の結果を受けてでないと何も言えませんし。
2007/11/14(Wed) 03:55:27 |  みどりのよまいごと