ヴェルディ、代表、アイドル、漫画、アニメ等
今週のモーニング(’17.1.19)
2017年01月19日 (木) | 編集 |
mor170119.jpeg



通例なら22日あたりのモーニング2の発売が、本誌(19日)とイブニング(24日)のちょうど中間あたりに来ちゃうので、予定が組みづらいです。いちいち全部記事にして、「今週の~」みたいなのばっかりだと、書いてる方も飽きる。(笑)


『グラゼニ』

タカハシ監督の言うことはもっともなようだけど、ただリリーフの緊張感"集約"感は特殊だから、一回先発で"緩んだ"もの広い世界に慣れてしまったものを、特別なきっかけも無しに元鞘に戻すのもまた簡単ではないと思いますね。
後は勿論、"格落ち"感。ストッパーならともかく。
いかに重要とはいえ中継ぎでは。

『バンデット』

大塔宮が"歌"を作る過程は興味深いですが、これって何か典拠に基づいてるのか作者一流の想像なのかどっちなんでしょうね。
"敵"でも"味方"でもなく、"職業人"としての倉庫番の描写も面白かった。別に中身は自分のものではないから、下手に物資が集まらない方がいいという。(笑)

『アイアンバディ』

相変わらずマコトの気持ちの置き所はよく分からないですが、「お父さんを探す為」というよりは「父子一貫した論理の追求の為」という感じはして来ました。

『会長島耕作』

なんなんだろう、このエピソード。
人種差別を無くそう!という話?(笑)
「親子話」としては、何も解決してないというか父親の感情が不明というか。娘が接近してくれて嬉しいのか出産の報告でショックなのか黒人の子だからショックなのか。

『インベスターZ』

道塾に意味があるかどうかはともかく、"自分の金でやれ"という神代の言うことはもっともだと思います。
一つの「予算」内の話をしているわけではないんですから。
二つの金が繋がっているのは、慎司の心の中だけ。
ていうことは結局道塾自体に、敵意を持っているとしか見なせないと思いますが。(つまり嘘をついている)
だいたい"天才投資家"が、投資以外で金を調達しようとか、だらしがない

『疾風の勇人』

密約とな?
それは史実?(またはその主張?)
とりあえず、やっぱり鳩山のじいさまは、「保守」の怪物なんですね。(笑)

『カバチ』

役回りとはいえ、いつもながら田村は甘い。(笑)
少なくとも一回は、一つの論理一つの方向性を、突き詰める気持ちが無いとどうにもならないですよね。それこそ天上のように。
妥協するのはその後。


テーマ:漫画の感想
ジャンル:本・雑誌
今週のモーニング(’17.1.12)
2017年01月12日 (木) | 編集 |
mor170112.jpeg



『バベル』

なるほど。『宮本から君へ』か。言われてみれば画風が。
じゃあこれから、もっと熱血展開するんでしょうか。(笑)

『グラゼニ』

ピッチングコーチブルペンコーチバッテリーコーチがいるのね。(笑)
でもフィジカルコーチはいない。"マッサー"はいるんだろうけど。

『疾風の勇人』

"独立"という愛国的仕事をこなしつつ、愛国"主義者"とは戦うお仕事?(笑)
ご苦労なことですな。
ていうかこの先凄い楽しみ。

『バンデット』

弓の鍛錬てこういうことなの?(笑)
そりゃ「一騎打ち」状況もあるかもしれないけど、基本的には迎撃や遠隔攻撃が仕事のはずだけど。
和弓はほんと、"心"で当てるんですよね。「照準」ではないんですよ。
"絶対平等"は、何もマルクス主義者の専売特許ではない、むしろ"自然"で"素朴"な発想だという話。その分"陳腐"でもあるわけですけど。

『アイアンバディ』

人工"知能"が人間を超えるのは比較的簡単そうですが、ロボットの"身体動作"については結構初歩的な段階でもバシバシ引っかかる感じ。
実は所謂"ディープラーニング"よりも、更に"ディープ"な"ラーニング"が必要な領域なのかも知れません。
我々のさりげない動作に含まれる、複雑さというか深遠さというか。

『インベスターZ』

どちらの言い分もそれぞれにもっともではあるんですが、道塾を潰しもせず新しい学校を作るというのは、やはりどうも倒錯しているというか、二度手間感が引っ掛かりますね。

『Underground宇宙人』

いやあ、なんか、いいんじゃないですかね。
「日本の漫画」をしっかり読んで育ってる感じと、でもおかしな閉鎖的なコミュニティには囚われていない、外国人ならではの感じと。
悪いけどさあ、オタクはどこまで行ってもオタクだよ?時代が変わったからって価値転換したりはしないよ?なぜなら基本が自縄自縛だから。他人のせいじゃないから。

『カバチ』

とはいえ法律は法律なので、そこのところをどう処理するのか。
ある意味"浦見"と同じようなタイプのキャラクターですね、問題提起というか。

『CITY』

なんか切なくて良かったですね。
やっぱりこの人は、「女の子どうしの関係」を描くといいみたい。


テーマ:漫画の感想
ジャンル:本・雑誌
今号のイブニング(’17.1.10)
2017年01月10日 (火) | 編集 |
eve170110.jpeg



最近の通例ではモーニングとセットで一回で済ましていましたが、まだなかなか正月気分が抜けないので、今週いっぱい、させて下さい。(笑)


『隼ちゃんもとんでます』

自転車の後は飛行機・・・というような単純な同工異曲になってないのはいいのかも知れませんが、この"変化球"はどう出るのか。(笑)
キャラの顔自体は、いつも同じですね。あだち充並みにというか。(笑)

『世界で一番、俺が』

絵柄から予想される以上に、「Hカップ」が上手く描けてましたね。
女の作家さんは、たいてい筋肉とおっぱい(というか豊満体型)が上手く/魅力的に描けないものですが。
さてはこの人、好きだな?女だてらに。(笑)
しかしナナミちゃんがあそこまで"DQ"の上下に直接関係しそうなイベントに協力しちゃって、いいものだろうか。オブザーバーの領域を遥かに越えてしまっているように思いますが。

『山賊ダイアリーSS』

"猟"はともかく"漁"の方は、簡単な時は簡単そうに見えるので、そういうシンプルライフもいいのかなと一瞬思いますが、どう考えてもお店で買う方が簡単です。(笑)
その為にお金を稼ぐ必要があるとはいえ。

『学生島耕作』

まあ売春よりは、まだしも"先"のある手段ではありますが。(ヌード売り)
でもやっぱりこれは、遠回しな買春ですね。(笑)

『リウーを待ちながら』

女医の愛想の無いのって、はっきり言って人格に欠損があるレベルのケースが実際多々ありますからね。
なんか患者が責められてるような気持ちになる。
やはり少し、"作られる"過程が特殊なんでしょう、世間一般との関係で。
男に比べて、"エリート"度がより高いだけに、そこらへんがダイレクトに出る。
ところでリウーって何?(これからか)

『めしにしましょう』

結局松茸って、美味いのかそれとも香りがいいだけなのか。そりゃ不味くはないんでしょうけど。
"肉"との組み合わせは、雰囲気だけでも確かに凄そうですね。

『がんぼ』

知事と議会の対立は自治体の別を問わないと、そういう話ですかね。
今のところ、"下請け"の一つを取るだけでこんな大騒ぎをして、それがどうなるのかは見えない感じですが。

『あの頃の青』

前回読みづらいと言ってましたが、今回は別にそんなことなかったな。
話は分かり易いけど、ちょっとひねりが足りないか。てっきり先生と男と女の何かがあったという話かと思いましたが。それもパターンではありますけど。

『妻恋』

妻の"暴力"が容赦なしなのは、元ヤン(確か)の習性なのか、それとも"動物"的性格によるのか。
いずれ甘えは含んではいるんでしょうが。
夫婦のことなので、福満さんがいいならそれでいいですけどね。(笑)
本当はいけないんでしょうけど。例え男が被害者でも。


テーマ:漫画の感想
ジャンル:本・雑誌
今週のモーニング(’17.1.6)
2017年01月06日 (金) | 編集 |
mor170106.jpeg



いきなり金曜日発売。
焦らすね。(笑)


『CITY』

年越せないかと思ったくらいだけど、表紙。(笑)
基本的に、なんか"推され"てますよね。
つまらないというほどではないけど、永久に面白くはなりそうにない感じ。そもそもが空振ってる感というか。

『グラゼニ』

"ナッツ"と"凡田"のパーソナリティが、一応これで無事に繋がったということですね。
それでもまだちょっと"変わり"過ぎという感じはしますが。
もう一段階あるのかな?

『疾風の勇人』

日本がソ連(外国)に、「外交」で勝つ?!
そんなことがあったのか。
外交だけは、一生負け続ける感ありますからね。(笑)

『バンデット』

女将の"注文"(聞き)が細かくて笑う。(笑)
「いじめてくる女を逆にいじめたい」というのは重要な論点ではあると思いますが、ただ事前に聞かれると萎えるところがあります。ロールプレイは苦手。

『アイアンバディ』

37・・・とは思わなかった。
元々若々しさは無いので、逆に20代前半とかでも驚かない。

『会長島耕作』

ゲイバーで目撃されるというのは、企業人にとってそんなに軽いことなんだろうか。
"伏線"にしてはてきとう過ぎるし。(笑)

『インベスターZ』

まだ続いてたんだ、あれ。(笑)

『眼鏡橋華子』

一生懸命手抜きなくネタを仕込んであるのは感じるんですが、どうもパッとしない。(しなかった)
単純に演出力、キャリアの問題かな?

『イオンにみせられて』

イオンモール自体に馴染みのない人には、まず「中」の説明をしないと始まらないと思います。

『カバチ』

まあ何とかかんとかやっていくでしょうね、浦見は。
"浦見"という名前ではあるけれど、そんなに粘着質ではないと思います。見かけ通りの合理主義者というか。
"欠落"はあるけど"過剰"ではないというか。


テーマ:漫画の感想
ジャンル:本・雑誌